【アメリカ】マイクロラーニングで農業分野のキャリアアップ

アメリカのAgTechEDGE社は、個人、企業、学校を対象として、農業分野の新たな教育コース “Micro-Courses” をリリースした。細分化された計1100の教育コースを通じ、受講者は広範かつ最新のスキルを習得し、キャリアアップに活かすことができる。

オンライン
techedg

“Micro-Courses” は、細分化された内容のマイクロコースであり、それぞれのコース履修を積み重ねる方式を採用している。個々の学習者は、自分の学習歴やニーズにあったコースを選択して学習する。ビットサイズの学習は、働きながら職歴や経験に合わせて、継続教育としてオンライン学習を続けることが可能になる。

各コースは、およそ1時間から5時間の長さに設定されており、すべてが大学の教授陣によって開発された。個人のニーズに合わせた、評価や認定が伴う継続的なビットサイズの教育は少ない。そのため、一定の単位要件をクリアすれば、単位認定やバッジが与えられる同プログラムは期待されている。修了者は、コースで習得したスキルを、認定によって就業先にPRすることができる。

AgTechEDGE社は、オンライン教育分野のパイオニアであり、農業従事者向けのトレーニングコースを展開してきている。同社プラットフォームは、受講者の学習履歴に対応して、個別のニーズに合わせた職能訓練を、提供する。

【コースサイト】Micro-Courses

広告 

PAGE TOP