【日本】9月入学・始業には約半数が賛成

日本の株式会社クロス・マーケティングは、現在国内で議論が行われている、9月入学・始業の導入について、生活者の意識調査を行った。この意識調査は、同社が継続的に実施している、“新型コロナウイルス生活影響度調査” の一環として行われたもの。

調査研究
Cross Marketing

“新型コロナウイルス生活影響度調査” によると、9月入学・始業の導入に対して、賛成であるとする回答者は47.8%だった。賛成の理由としては、「国際標準に合わせる良い機会だ」「休校で遅れている分を無理やり取り戻すよりいい」といったものが挙げられたほか、オンライン授業の準備や地域格差解消を期待する声も聞かれた。

一方で、9月入学・始業に反対する回答者は18.4%に留まったが、「さらなる混乱を招く」「先生や子供に負担がかかる」といった慎重論の他に、リモート学習を推奨すべきだとする意見もあった。また、これらの調査結果を分析した結果、幼児から中学生の子供を持つ人は賛成の割合が高く、子供の年齢が高くなるにつれ反対が多くなることが判明している。

株式会社クロス・マーケティングは、主にマーケティングリサーチ事業に取り組んでいる企業だ。同社は、今回の調査結果について、9月始業を8月までの休業と捉えるのか、来年9月までの一区切りで捉えるのかによって、賛成・反対に影響があると推測している。

【調査サイト】新型コロナウイルス生活影響度調査(PDF版ダウンロード)

広告 

PAGE TOP