【日本】ブロックチェーンで資格とスキルをいつでも可視化

日本の株式会社ネットラーニングは、学習・研修・資格などの修了証明をブロックチェーンによって実現する、オープンバッジの提供を開始した。ブロックチェーン技術を用いたこの取り組みは、アジア内では同社が初となる。

デジタル
NetLearning

株式会社ネットラーニングが提供するオープンバッジとは、検定団体・資格団体・研修会社などが学習者に向けてバッジを発行することで、資格の証明やその検証を、オンラインで行えるようになる仕組みのことだ。本ソリューションを活用すれば、社員の学習意欲やエンゲージメントの向上、適切な人材配置など、様々なメリットを享受できるようになる。

さらに、バッジを発行する団体側にとっても、資格取得希望者の増加や、再受験・受講の促進が見込めるだけでなく、認定証の再発行や内容確認といった事務作業の削減も実現可能だ。そして、偽装や改ざんが困難であるというブロックチェーンの特性により、従来よりも信頼度の高い修了証明をブラウザ上で共有できるようになる。

なお、取得したバッジは、自分専用のウォレットにまとめて保管されるため、自身のスキルや知識を手軽に可視化して、他人に見せることが可能となっている。株式会社ネットラーニングは、主にeラーニングによる教育・研修ソリューションを提供している企業。

【サービスサイト】オープンバッジトータルサービス

広告 

PAGE TOP