【日本】VR教育で製造現場の安全性を強化

日本の株式会社シータは、製造現場での職場適応と安全教育強化を実現する、VR教育コンテンツのテスト開発を発表した。本コンテンツは、同社とダイキン工業株式会社、そして株式会社ビーネックスグループが共同で開発を行っている。

教材/アプリ
THETA

株式会社シータが発表したVRコンテンツは、製造現場における、安全面での注意点や習熟度の強化を、仮想空間でシミュレーションするためのものだ。本コンテンツを導入することで、研修コストの圧縮や、個人のスキルに基づいた人材配置、最適なスタッフの斡旋などを実現できるようになる。

具体的には、安全に作業を実施するための事前準備から、危険行為を学べる安全道場の模擬体験、さらには製造現場内での移動ルールの学習まで、様々なトレーニングが可能だ。そして将来的には、体験者一人ひとりの情報を蓄積することで、現場管理者が客観的なデータをもとにスキルチェックを行えるようになる。

株式会社シータは、国内外に向けて高品質なVRコンテンツの制作を行ってきた企業だ。同社は今後、テストマーケティングで得たデータもとにして、製造業における職場適応と安全性強化を実現するための、VR教育プログラムの開発を進めていくとしている。

【企業サイト】株式会社シータ

広告 

PAGE TOP