【ピックアップ情報コーナー2020.4.6】

Mastery

【アメリカ】感染症対策のオンラインコース

アメリカのMastery Technologies社は、Mastery Training Servicesは、新たなオンラインコース “Protecting Yourself Against COVID-19 and Other Contagious Illnesses”(新型コロナウィルスや他の接触感染症から身を守る)をリリースした。同コースは、5月末まで無償で提供される。

“Protecting Yourself Against COVID-19 and Other Contagious Illnesses” では、動画により、新型コロナウィルスを始めとする接触感染症の種類や、新型コロナウィルスの感染経路、接触感染症の予防方法、感染拡大防止策などを学ぶことができる。また、患者を看病する者が感染を避けるために留意すべき点や、感染症の流行への備えついて、重要なトピックが盛り込まれている。個人はウェブサイトから申込、企業は電話申込で受講が可能となり、PC等のインターネット環境さえあればコースを修了することができる。

感染症の流行は大きな不安を巻き起こすが、実際には多くの対策を講じる余地がある。同コースを受講して正しい知識と対策を知ることで、不安を和らげることが可能である。

Mastery Technologies社は、上記サービスやビデオ研修サイトなどを運営、様々なビジネス分野のオンライン研修を企業や個人に提供している。Mastery Training Servicesの研修は、人事、マネジメント、セキュリティ、チームワークなど8分野に分かれている。

【コースサイト】Protecting Yourself Against COVID-19 And Other Contagious Illnesses

 
 

MInamiawaji

【日本】弥生時代の生活をVR体験

◆日本の南あわじ市は、市内で新たに発見された松帆銅鐸にちなみ、弥生時代にタイムスリップできるVRコンテンツ “輝く銅鐸のひびき” を制作した。本コンテンツは、南あわじ市教育委員会と凸版印刷株式会社が開発したもの。◆

“輝く銅鐸のひびき” は、弥生時代の魅力と生活を追体験し、太古の歴史への関心を喚起するVRコンテンツだ。本コンテンツを利用することで、当時の稲作や祭り、さらには銅鐸の音色が聞ける場面などを、様々な解説とクイズで学ぶことができる。

本コンテンツの制作のきっかけになったのは、100年に一度の大発見と言われている、松帆銅鐸7点の出土だ。銅鐸の中には、出土例が極めて少ない最古のものまで含まれており、さらには、銅鐸内に吊り下げる青銅製の舌が発見されたことも世間を驚かせた。今回制作されたVRは、この松帆銅鐸が使われていた時代を再現し、臨場感ある体験を世代を問わず楽しめるようになっている。

なお、松帆銅鐸の実物についても、調査保存が終了したことで、これから南あわじ市滝川記念美術館玉青館で展示が開始されるという。南あわじ市は、松帆銅鐸をこれまで発見された青銅器とあわせて展示することで、歴史に関心がない人にも新たな発見をもたらすだろうとコメントしている。

【VRコンテンツ紹介サイト】松帆銅鐸VRコンテンツを体験しよう

 
 

Thomas

【日本】トーマスの知育サイトがアプリになって新登場

◆日本の株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツは、知育ゲームや動画配信を行うサービス “きかんしゃトーマスチャンネル” において、新たに公式アプリをリリースした。なお、コロナウイルスによる臨時休園・休校期間においては、アプリ内での有料アイテムの無料開放も行っている。◆

“きかんしゃトーマスチャンネル” は、圧倒的な人気を誇るきかんしゃトーマスの世界で、多数の知育ゲームやアニメ動画を楽しむことができるサイトだ。今回の新アプリは、きかんしゃトーマスの出版75周年を記念して、大規模なリニューアルを実施したものとなっている。

本アプリでは、画面をタッチするだけで楽しめる簡単操作のコンテンツを中心に、子供の月齢に応じたゲームを楽しむことが可能だ。そして、これまでに要望が多かった、トイレトレーニング機能も搭載しているため、親子でコミュニケーションを取りながら、日々の子育てに役立てることができる。

また、毎月更新されるアニメ動画についても、感情の働きに関わるとされている、非認知能力への効果が期待できるという。同社は今後も、トーマスが好きなお子様に幅広くお楽しみいただけるよう、サービスの提供に努めていくとしている。

【アプリサイト】きかんしゃトーマスチャンネル

 
 

PetitRoyal

【日本】フランス語学習辞典の改訂版が刊行

◆日本の株式会社旺文社は、3月、大学生などフランス語を学ぶ全ての人を対象とした学習用辞典 “プチ・ロワイヤル仏和辞典 第5版” と、携帯版の “プチ・ロワイヤル仏和辞典 第5版 小型版” を刊行した。同シリーズは昨年、大学生協での売り上げ1位を記録している。◆

“プチ・ロワイヤル仏和辞典” の改訂は10年ぶり、4度目であり、今回の第5版では、収録語彙の見直し(新たに追加されたものを含めて約45000語を収録)や、フランス語学習をサポートする各種の情報の追加(色や字体による重要語の強調や、学習レベルの表示など)が行われている。また、主要な語には、訳語や品詞変化をまとめた “レジュメ” を付けたほか、カタカナによる発音表記や、英語の併記などもある。

また、同辞書には特典として、パソコンやスマホで使えるウェブ辞書が付属している。ウェブ辞書では検索窓に調べたい単語を入力すると、訳語や用例を簡単に閲覧することができる。動詞の活用形、名詞や形容詞の不規則複数形からの検索にも対応している。

同書は、2019年1月~2019年10月の大学生協連合会売り上げ調査で、学習仏和辞典として売り上げNo.1となっている。株式会社旺文社は、英和、和英、英英、国語、古語などの辞典も発売している。

【書籍サイト】プチ・ロワイヤル仏和辞典 第5版

広告 

PAGE TOP