【日本】質問サイトで教育分野の関心が高まる

アメリカのQuora社は、知識共有プラットフォーム “Quora” における、カテゴリー別の人気スペース、フォロワー数、人気の質問などの、最新傾向を発表した。また、“Quora”の日本語版リリース以来初となる、日本語版トップライターの発表も行われた。

ウェブサービス
Quora

“Quora” は、利用者が質問を投稿したり、回答を提供し合うことで、貴重な知識の共有を可能にする世界最大級のプラットフォームだ。本プラットフォームでは、Twitter初期投資家による投資決定の背景や、宇宙飛行士によるキャリアアドバイスなど、他では得られないコンテンツを読むこともできる。

そして同社は今回、本プラットフォームの分野別コミュニティ機能であるスペースについて、人気のカテゴリーを公開した。データによると、教育分野は他のトピックと比べて関心が高く、教育関連の質問数は30万件を超えているという。また、健康カテゴリーでは食事に関する質問が急増したほか、仕事カテゴリーでは面接関連が、お金カテゴリーでは保険関連の質問が、それぞれ注目を集めているとのこと。

同社では他にも、春特集として、新しい学びを楽しく共有するためのスペースも紹介している。例えば、子育て・教育・自己研鑽に関する経験や想いを共有できるスペースや、語学を勉強中の人向けのスペースなどが、現在人気とのことだ。

【サービスサイト】Quora 知識を共有し合い、世界を知ろう

広告 

PAGE TOP