【日本】eスポーツ施設でプログラミング教育がスタート

日本のNext Group Holdings株式会社は、日本最大のゲーム/eスポーツ専用施設 “REDEE” において、教育パートナーとして参画することを発表した。なお、本施設には、株式会社マウスコンピューターもオフィシャルスポンサーとして就任し、教育エリアでのPCの提供を行う。

ICT
REDEE

“REDEE” は、ゲームを通じて幅広い知識・スキルを獲得することを目指した、日本最大のゲーム専用施設だ。Next Group Holdings株式会社では、本施設の教育に関するすべての領域を担当することで、主に子供向けプログラミング教育を中心とした学習を提供していく。

教育エリアの一つであるプログラミング体験エリアは、5~10分程度の短時間で、ロボットの制作・操作を自由に体験できるスペースとなっている。そして、プログラミング学習エリアでは、プログラミングを講義形式で学ぶことで、ロボットや楽器など、あらゆる種類の創造を体験することが可能だ。

また、教育エリアには、ドローン体験エリアも用意されており、安全かつ自由なドローン操作を通して、STEAM教育を受けることができる。Next Group Holdings株式会社は、若者の教育・将来設計を支援するプラットフォームを展開している企業。

【施設サイト】REDEE -ゲームを学ぶ、ゲームで学ぶ-

広告 

PAGE TOP