【日本】IT技術者はスキルアップにやりがいを感じている

日本の株式会社VSNは、ITエンジニアを対象に “仕事に対する意識調査” を実施し、その結果を公開した。本調査の結果、ITエンジニアの6割以上は、仕事にやりがいを感じなら働いており、自身のスキルアップを重視する志向が高いことが判明した。

調査研究
vsn

“仕事に対する意識調査” によると、ITエンジニアは、周囲から感謝される時や、自分のスキルアップを実感できたときに、やりがいを感じることが多いという。逆に、やりがいを感じていないと答えたエンジニアにその理由を聞いたところ、仕事がマンネリ化している、昇進が望めない、といった回答が多く寄せられており、変化の少ない業務や評価されにくい環境では、やりがいを得にくいことがわかった。

また、エンジニアが大切にしていることについての質問では、スキルアップの他に、一つの技術に捉われず幅広く活躍できることが挙げられた。一方で、人財育成やマネジメントを大切にしている人は少なく、自分自身のキャリア開発を重視する傾向が強いこともわかっている。

株式会社VSNは、主にエンジニア人財サービスの提供を行っている企業だ。同社は、今回の調査結果について、IT業界は技術刷新のスピードが速いため、自身のスキルレベルの向上に対して、高い意識をもって取り組むことが求められるとしている。

【調査サイト】調査リリース

広告 

PAGE TOP