【日本】高齢ドライバーの危険運転をリアルタイム診断

日本のオムロン株式会社は、高齢ドライバーの運転技能向上を促すために、ドライバー安全運転管理サービス “DriveKarte” を活用した、リアルタイム運転技能診断システムを開発した。本システムは、同社と近畿大学の共同開発によるもの。

産学連携
DriveKarte

“DriveKarte” は、カメラやセンサーによって、車両の走行状態とドライバーの行動の両方を診断し、事故やヒヤリハットを未然に防ぐサービスだ。そして今回、新たに発表されたリアルタイム運転技能診断システムは、“DriveKarte” によって取得したドライバー画像や、位置情報、加速度などのデータを元に、自動で危険運転を通知することで、高齢者の安全運転技能の向上を実現するためのものである。

現在、日本では社会の高齢化に伴い、高齢ドライバーの交通事故防止対策が喫緊の課題となっている。そこで、本システムでは、教習所で実施されている高齢者講習を、自動評価機能によって効率化することで、ドライバーの運転技能向上とともに、教官の負荷軽減も実現している。

オムロン株式会社は、オートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器や社会インフラなど、多岐に渡る事業を展開している企業だ。同社は現在、本システムを使ったサービスの実証実験を行っており、2020年度内の提供開始を予定しているとのこと。

【サービスサイト】安全運転管理サービス DriveKarte(ドライブカルテ)

広告 

PAGE TOP