【日本】大学に現役エンジニアを派遣して研究活動を支援

日本の株式会社VSNは、自社の現役エンジニアをアドバイザーとして大学に派遣する、産学連携プロジェクトを開始したことを発表した。本プロジェクトには現在、芝浦工業大学の山崎敦子研究室と、大阪大学の中川功一研究室が参加している。

産学連携
VSN

株式会社VSNが取り組む産学連携プロジェクトは、研究活動において、学生がより効率的に高度な研究を促進できるよう、エンジニアが社会人視点でアドバイスを行いつつ、卒業後に即戦力として活躍することを支援するためのものだ。そして同社は、本プロジェクトにエンジニアを派遣することにより、大学が有する幅広い分野に触れ、DX時代に対応するためのスキルを同時に獲得することも目指す。

昨今、大学では、授業時間の増加や学生数の減少により、研究開発における時間・人財の不足が問題になっている。加えて、学生のITスキルの不足により、研究の効率化が行えないという技術的な課題も存在する。そこで、本プロジェクトでは、高度な技術と問題解決力を有するエンジニアが、大学と連携することで、課題の解決に取り組んでいく。

株式会社VSNは、主にエンジニア人財サービスの提供を行っている企業だ。同社は今後も、本プロジェクトのような産学連携を通じて、自社のエンジニアのキャリア開発と共に、エンジニア職を希望する若年層に向けて、キャリアアップ機会を提供していくとしている。

【企業サイト】株式会社VSN

広告 

PAGE TOP