【アメリカ】K-12オンライン公立スクールが次年度募集開始

アメリカのK-12公立オンラインスクールであるウィスコンシンコネクションズアカデミー(WCA)は、来年度に向けてフルタイムの入学希望者募集を開始した。WCAは、4歳児の幼稚園教育も含めてK-12のどの学年でも、新しく入学を希望する児童や生徒を受け入れている。

オンライン
WCA

WCAは、経験豊かな教員が豊富なテキストや教材、資料などを用いて、K-12のカリキュラムに沿った、児童や生徒の学習歴や志向に合わせた教育を行っている。全児童は500名ほどで、教員の指導に基づいて各自が学習を進めていくが、一般の通学制学校と同じように州の定める教育基準も満たしている。

10年生から同校に通い始めた児童を持つ保護者は、本人が一番望んでいる内容を重視して個別学習をサポートし柔軟に対応してくれると、話している。同校入学前にはいじめを受けていたというその児童は、WCAで音楽の学習に力を入れて歌を作詞作曲して成功し、積極的に活動を広げているという。入学希望者の保護者は、オンラインミーティングで直接、このような在校生の保護者と話すことができる。

ウィスコンシンコネクションズアカデミーは、児童や生徒が自宅で学習できる授業料無料のK-12公立オンラインスクールである。児童・生徒個人個人の適性に合わせた教育プログラムによる優れた学校教育を、各家庭において受けることができる。

【スクールサイト】Wisconsin Connections Academy

広告 

PAGE TOP