【日本】小学校のデジタル採点を実現する無償システム

日本の株式会社光文書院は、小学校のテストの採点作業を削減する、デジタル採点支援ソリューション “EdLogクリップ採点支援システムひまわりエディション” を発表した。本システムは、同社と株式会社EdLogの業務提携により生まれたもの。

ICT
Edlog

“EdLogクリップ採点支援システムひまわりエディション” は、スキャンした解答用紙をパソコン上で採点することにより、従来のやり方を保ったまま、採点作業の効率化を実現できるシステムだ。本システムを利用することで、採点作業と同時に、採点結果のデータ化・集計を行い、同社の計測によれば約45%の作業時間を削減することが可能になるという。

このような大幅な効率化を実現できる最大の理由は、串刺し採点方式にあるという。串刺し採点方式では、1枚の用紙ごとに採点を行うのではなく、同じ設問ごとに全児童の答案を並べて採点するため、作業の効率化とともに、ミスの防止や採点基準の統一化を図ることができる。さらには、総合評価システム “ひまわり先生” と連携することで、児童一人ひとりの理解度を分析し、よりきめ細やかな指導を行っていくことにつながる。

“EdLogクリップ採点支援システムひまわりエディション” は、2020年春より無償提供が開始される予定となっている。株式会社EdLogは、学校のICT導入や、働き方改革推進のサポートを行っているシステムソリューション企業だ。

【サービスサイト】EdLogクリップ採点支援システムひまわりエディション

広告 

PAGE TOP