【日本】AR対応のコンパクト模型で火星を探索

日本の株式会社Glotureは、スマホで火星探索ができる、コンパクトな模型 “MARS Classic” の販売を開始した。本製品は、同社の運営するECサイト “GLOTURE.JP” より購入することができる。

教材/アプリ
mars-classic

“MARS Classic” は、印刷解像度0.1mmのハイエンド3Dプリンターによって生成された、寸法60mmのコンパクトな模型だ。本製品では、火星に存在するクレーターや火山、渓谷を、指先で触れて感じる取れるだけでなく、AR機能によって火星の詳しい情報を知ることもできる。

AR機能を利用すれば、エベレスト山の2倍以上の高さを誇るオリンポス山に代表されるような、火星のダイナミックな地形を、自ら探索することが可能だ。さらには、火星が有する二つの天然衛星である、フォボスとダイモスについても調べることができる。

“MARS Classic” は、近未来のライフスタイルを提案するショップ “GLOTURE.JP” で販売、価格は9900円である。同ショップでは、“MARS Classic” の他に、よりリアルな火星模型である “MARS Pro” や、寸法30mmのミニチュア太陽系セットなども購入可能だ。

【販売サイト】 AR対応。スマホで火星探索ができるコンパクトな模型 MARS Classic

広告 

PAGE TOP