【アメリカ】急成長が見込まれるマイクロラーニング

アメリカのMetaari社は、アメリカのモバイルラーニング市場についてのレポート “The 2020-2025 US Mobile Learning Market” を発表し、市場は大きく成長すると予測した。同社は、モバイルラーニング需要が高まり、2025年までに、製品サービスの売り上げは倍増して53億ドルに達すると見込まれている。

eラーニング
Metaari

“The 2020-2025 US Mobile Learning Market” は、この5年間において、アメリカがモバイルラーニング購入第1位であり、第2位はインドネシア、第3位はインド、現在第2位の中国が第4位に落ちると予測する。また現在の市場では、幼児用学習アプリ、言語学習アプリなど一般消費者を対象とする製品やサービスが売り上げの大部分を占めていたが、2025年に向かって、企業のモバイルラーニング購入が一般消費者の購入よりも成長し上回っていく。

採用前に求職者を評価するためのアプリや、社外での営業活動など業務サポート、遠隔操作などのアプリやサービスの需要が高いことが、企業の売上が急増する理由である。アメリカにおける、高速5Gワイヤレスネットワークの展開、次世代の位置情報関連テクノロジー、スマートフォン対応のVRやAR、人工知能のアプリ活用などが、急成長の活力となっている。

同レポートは、市場の概要、モバイルラーニングの製品やサービスを提供する企業、購入する企業や機関、消費者などを分析している。Metaari社は、、教育テクノロジーにおける最先端技術に特化したマーケットリサーチ企業で、国際的に定量的な調査を行っている。

【企業サイト】METAARI Advanced Learning Technology Research

広告 

PAGE TOP