【アメリカ・日本】人材不足分野でオンライン教育

zSpaceCTE

【アメリカ】技術教育プログラムにAR・VRを活用

◆アメリカのzSpace社は、キャリアアップ教育や技術教育プログラムのプロバイダーであるNOCTI社と提携を発表した。両社の提携によって、NOCTI社のCTE(Career Technical Education:職業・技術教育)プログラムの充実を図る。◆

NOCTI社は、給与も人材の需要も高い分野での就職が可能となる教育を、受講者に対してオンラインで提供している。同社のCTEは修了認定プログラムであり、個人でも学校としても受講が可能である。最先端のテクノロジーを使いこなす分野において、必要とされる能力を習得するための同社プログラムに、zSpace社のAR・VR技術を活用することで、受講者を刺激し学習意欲を高めていく。

zSpace社の優れたAR・VR技術は、修了認定を目指す受講者にとって、CTEプログラムの価値をより高めている。AR・VR技術は、CTE教育及びその学習方法を大きく変化させ、実社会で役立つ経験へとつながっていく。就職後のキャリアにつながっていくと、両社は考えている。

zSpace社は、50以上の特許を有し、教育分野、ヘルスケア、エンターテイメント、ショッピングなどの分野で、技術力を発揮する成長企業である。NOCTI社は、CTE分野で、認定プログラム、職能評価、教材開発、検定試験対策、データ分析ツールなどのサービスを提供する。

【カレッジサイト】zSpace for Career and Technical Education (CTE)

 
 

GuruVR Multi Seminar

【日本】職場体験にも使える保育士向けVR研修

◆日本の株式会社ジョリーグッドは、社会福祉法人つぼみ会と共同で、保育士の教育・採用を目的とした保育研修VR “ほいくる” を開発した。これにより、新人保育士の研修や、大人数での職場体験を可能にし、深刻な人材不足が続く保育士の課題解決に貢献する。◆

“ほいくる” は、日頃行ってしまいがちな間違った保育対応を、園児の目線で体験できる、保育士のVR教育ソリューションだ。本サービスを利用することにより、新人保育士の教育を実現するだけでなく、キャリアのある保育士も自らの保育を客観的に振り返り、スキルを向上させることが可能になる。

厚生労働省の調査によると、保育士資格を持っていながら保育士への就職を希望しない最も大きな理由は、責任の重さ・事故への不安であるという。そこで、本サービスでは、当事者目線での体験学習に加えて、集合VR研修も行えるようにすることで、受講者の理解度を確認しながら効率的に指導を進められる、最適な育成環境を実現している。

株式会社ジョリーグッドは、高精度VRソリューションの提供や、VR空間のユーザー解析AIの開発などを行っている企業だ。同社は今後、外国人児童の受け入れ対策や、外国人保育士の教育などもサポートする予定であるとしている。

【サービスサイト】事業紹介

 
 

Mastercam

【アメリカ】スキルギャップ縮小を目指す次世代教育

◆アメリカのCNC Softwareは、無償のCNC(コンピュータ数値制御)教育プラットフォーム “TITANS of CNC” との新たなパートナーシップを発表した。パートナーシップは3年間の期間が設定され、この間、CNC教育の推進や航空宇宙産業の発展に寄与することとしている。◆

同社が提供するCAD/CAMソフト “Mastercam” は、世界中の製造現場や教育で活用される著名な製品である。特に、精密機械加工を必要とする自動車産業や航空宇宙産業の企業が積極的に導入している。

今回のパートナーシップでは、CAD/CAM界の主要ソフトが教育プラットフォームに導入されることで、より効果的なCNCトレーニングを提供できるようになる。“TITANS of CNC” は現在、航空宇宙部品の製造に必要なスキルを学ぶためのプラットフォーム “Aerospace Academy” の新設を予定しており、この中で “Mastercam” を重要技術としてピックアップする見込みだ。

CNC Softwareは、CAD/CAMソフトの開発企業として有名である。“TITANS” プラットフォームは、CNC教育の分野で3000を超えるオンラインコースを用意している。

【サービスサイト】CNC Software, Inc. Mastercam

広告 

PAGE TOP