【アメリカ】サプライチェーンのオンライン継続教育

アメリカのFourKites社は、ロジスティクス担当者を対象にユニークな継続教育プラットフォームを開始することを発表した。サプライチェーンの可視化に関するトピックをオンライン上で手軽に学ぶことで、顧客へのサービス改善に役立てることが出来る。

オンライン
fourkites

同プラットフォームは、マサチューセッツ工科大学の教育手法であるモジュール型のアクティブラーニングの方式を参考にしており、受講者がそれぞれのペースで自分で学習を進めることができる。受講者は、サプライチェーンに関わる複数の科目の中から各自が必要なもののみを受講することができる。複数のモジュールを組み合わせて受講することで、認定を取得することもできる。

現在、同社の教育プラットフォームでの受講を、アメリカのサプライチェーンマネジメントの専門家団体Council of Supply Chain Management Professionalsは、同団体認定の継続教育単位にカウントすることを認めている。2020年には、サードパーティーロジスティクスなどを扱う新たな教育プラットフォームもリリースされる見込みである。

FourKites社はこれまで、サプライチェーンの可視化のためのプラットフォームを提供してきた。独自のアルゴリズムを用いて荷物の到着時間を計算することで、トラック、海運、鉄道など様々な分野において、事業経費の削減、業務効率の改善、客先へのサービス向上に活用することができる。

【企業サイト】FourKites, Inc.

広告 

PAGE TOP