【ピックアップ情報コーナー2019.11.25】

WeVideo

【アメリカ】同時録画機能を動画制作プラットフォームに追加

◆アメリカのWeVideo社は、同社動画制作プラットフォーム “WeVideo” に、ウェブカメラとパソコンの画面から同時に録画を行うことができる新たな機能を追加したことを発表した。“WeVideo” のビジネスやプロフェッショナル、スクールなどのプラン契約ユーザーは、この機能を追加費用なしに、すぐに利用できる◆

同社では、ユーザーから寄せられるフィードバックを検討して、新しい機能の開発に取り組むという。ビジネスユーザーからも教育関係者からも、ウェブカメラ録画とコンピュータスクリーン録画を同時に行いたいというリクエストがあり、今回の機能を追加した。新機能は、企業ではマニュアル制作、製品デモ、ウェビナーなどに、教育関係ではスタッフトレーニングやコース制作などへの利用が考えられる。また、ゲーム用動画、YouTuberの動画作成などにも活用できる。

今回の機能追加の背景には、“Jumpstart” と呼ばれる技術の開発が挙げられる。この新技術により、クラウドへのファイルアップロードのための待ち時間を省略し、素早い、小回りの利く動画編集が可能になっている。利用者は、自らが用意したファイルや、ライブラリに保存された動画、画像、音楽データに素早くアクセスし、各種動画を制作することができる。

“WeVideo” は、誰でも簡単に使える、クラウドベースの動画制作プラットフォームである。今日では3000万アカウントを有し、ビジネスから一般消費者、教育者や生徒や学生など幅広い層に利用されている。

【企業サイト】WeVideo The online video editor for all of us 

 
 

Storm

【日本】多言語音声を簡単に生成するeラーニング作成ソフト

◆日本のロゴスウェア株式会社は、プレゼン型教材作成ソフトの最新版となる “LOGOSWARE STORM Xe” を提供開始した。従来のSTORMシリーズにはアドビ社のFlashが使われていたが、新バージョンになったことで脱Flashを実現している。◆

“LOGOSWARE STORM Xe” は、パワーポイントをベースに、音声や映像入りのeラーニング教材コンテンツを簡単に作成できるソフトウェアだ。本製品を利用することで、企業内の教材をデジタル化したり、eラーニング化することが可能になる。

また、STORMシリーズでは、パワーポイントのノートに記述した内容を、自動で読み上げる機能が搭載されていたが、本製品では多言語対応を行ったことで、ナレーションを外国語でも生成することができる。さらに、プレゼンのアニメーションのタイミングに、ナレーションを自動で合わせてくれるのも大きな特徴だ。

本製品では他にも、UIの一新や、アニメーションの完全対応などにより、使い勝手をこれまで以上に向上させている。ロゴスウェア株式会社は、eラーニングやデジタルドキュメント事業などを主力業務としている企業だ。

【製品サイト】プレゼン型コンテンツ作成ソフトSTORM Xe(クロスィ)

 
 

aista-100

【日本】カメラで文字も読み取れる高性能翻訳機

◆日本の三金商事株式会社は、手のひらサイズの高性能翻訳機 “AIクラウド翻訳機 速トーク” を発売開始した。本製品を利用することで、旅行先の看板やメニュー表を手軽に翻訳したり、外国人への接客をスムーズに行うことができるようになる。◆

“AIクラウド翻訳機 速トーク” は、106言語に対応する高精度翻訳を、最速0.2秒で実行できるクラウド翻訳機だ。本製品では、トップクラスの音声認識エンジンによる音声翻訳のほかに、本やテキストをカメラで読み取って翻訳してくれる、写真翻訳機能も利用することが可能となっている。

また、最近はスマホの翻訳アプリも普及しているが、利用の際にはアプリをいちいち立ち上げる必要があったり、バッテリーの心配をしなければならなかったりとデメリットも多い。本製品なら、ワンボタンで立ち上げてそのまま長時間使える上に、話し相手にも手軽に渡せるなど、翻訳機ならではの恩恵を受けることができる。

なお、“AIクラウド翻訳機 速トーク” に付属する首下げストラップは、必要に応じて本体を着脱して使うことも可能だ。三金商事株式会社は、生活家電や日用雑貨の企画・開発、貿易関連事業などを展開している企業である。

【製品サイト】AIクラウド翻訳機 速トーク

 
 

Learn English with Dora

【日本】人気アニメと連携、幼児向け英語教材

◆日本のオックスフォード大学出版局株式会社は、幼児向けの英語教材セット “Learn English with Dora the Explorer” を販売開始した。同教材は、世界的なキッズエンターテイメントブランドである “ニコロデオン” の人気アニメ作品 “ドーラといっしょに大冒険” を取り入れ、子どもが楽しく学べる内容である。◆

“Learn English with Dora the Explorer” は、3レベル構成の教材セットで、歌やアニメーション、紙芝居などを教材に使うことで、英語力と同時に非認知能力、問題解決力なども学習できるように考えられている。アルファベットの発音や書き方を練習するための教材も同梱されており、総合的な英語力の向上を目指すことが可能だ。

同教材は、教師・保護者向けのコンテンツが充実しているため、教室でも家庭でも使いやすい。教師向けには、パペットやフラッシュカードなど授業の演出に役立つツールや、指導ガイドが用意されている。保護者向けには、各レベルの学習内容を記載したガイドブックや、リーダー教材の読み聞かせ法の指導ビデオなどが用意されている。

オックスフォード大学出版局株式会社は、オックスフォード大学の一部局として、辞書、学術書、児童書等の出版活動を行っている。国内においては、上記出版活動のほか、教材選定のコンサルティング、教育カリキュラムの作成等、教育における幅広い活動を展開している。

【書籍サイト】Learn English with Dora the Explorer™

広告 

PAGE TOP