【日本】AIが英会話学習者に合わせて最適な環境を構築

日本のVIPABC株式会社は、自社の提供するオンライン英会話サービス “vipabc” が、日本e-Learning大賞でEdTech特別部門賞を受賞したことを発表した。日本e-Learning大賞は、ICT教育の事例を広く評価し、優秀な事例に賞を授与するアワードであり、今回で16回目の開催となる。

ウェブサービス
vipabc

“vipabc” は、自動コース生成システムと、1億8千万回以上にも及ぶレッスン記録のビッグデータをもとに、最適な講師・教材・クラスメートをマッチングするオンライン英会話サービスだ。本サービスを利用することで、受講者は自分の職業、レベル、趣味などに合わせて、理想的な英会話学習を行えるようになる。

今回の “vipabc” の受賞についても、このベストレッスンを自動生成する独自開発システムが評価された形だ。また、従来の英会話学習は、通学式と格安オンラインの2極化が進んでいたが、本サービスではシリコンバレー発の最先端技術により、双方のメリットを採用しているのも強みの一つとなっている。

VIPABC株式会社は、主にオンライン学習プログラムの提供を行っている企業だ。同社は今後、人の力で英語学習者をサポートすることに力を入れつつ、理想的なアダプティブラーニングの実現に邁進していくとしている。

【サービスサイト】「オンライン英会話」は高品質の時代へ。AI×ビッグデータ シリコンバレー発のvipabc

広告 

PAGE TOP