【日本】介護研修VRが最優秀賞を受賞

日本の株式会社ジョリーグッドは、自社が提供する介護研修VRサービス “ケアブル” が、“日本e-Learning大賞” において最優秀賞を受賞したことを発表した。本サービスの利用者アンケートでは、97%が「通常の研修よりわかりやすい」と回答していた。

eラーニング
CAREVR

“ケアブル” は、介護の現場で起こりうる様々なシーンをVRで体験し、現場力を養うことができる介護研修VRサービスだ。本サービスでは、介護職員としてだけでなく、被介護者の目線でVR体験することもできるため、声のトーンや表情といった、介護をする際の接し方の改善も可能となっている。

現在、本サービスには20以上の学習コンテンツが用意されており、日常の中にある危険を察知する「危険予知」や、認知症対応への理解を深められる「認知症理解」などが利用できる。さらには、心肺停止や、ノロウィルス感染、転倒での出血などの不測の事態も体験できるため、万が一の場合に素早く動くためのメンタルを鍛えることが可能だ。

なお、本サービスは、集合VR研修ソリューション “GuruVR Multi Seminar” により、1対多の集合研修としての利用にも対応している。株式会社ジョリーグッドは、VRやAIなどの開発を手掛けるテクノロジーカンパニーだ。

【サービスサイト】ケアブル 介護研修VRサービス

広告 

PAGE TOP