【日本】プログラミングの学習状況からスキル情報を可視化

日本のコードキャンプ株式会社は、自社のオンラインプログラミングスクール “CodeCamp” が、スキル可視化プラットフォーム “LAPRAS” との連携を開始したことを発表した。これにより、受講生のプログラミング習得後のポートフォリオ制作や、転職活動の支援を行っていく。

オンライン
LAPRAS

“CodeCamp” は、受講生に合わせたマンツーマン指導を行う、オンライン完結型のプログラミングスクールだ。本スクールは今回、スキル情報の自動生成サービス “LAPRAS” と連携を行ったことにより、受講生のGitHubやQiitaなどの成果を効果的に集約し、ネット上で発信することができるようになった。

こうして “LAPRAS” のプロフィールを充実させることで、受講生は自分のスキル・志向性に合った企業からのスカウトを、受け取る機会を増やすことが可能になる。さらに受講生は、エンジニアとしての情報発信のコツや、エンジニア向けサービスの有効な活用方法について学ぶこともできる。

また、“LAPRAS” では今後、受講生向けのドキュメントコンテンツの提供だけでなく、受講生限定のイベントなども計画しているとのことだ。コードキャンプ株式会社は、プログラミング教室や、テクノロジーメディアなどの運営を行っている企業。

【企業サイト】コードキャンプ株式会社

広告 

PAGE TOP