【アメリカ】社外からもモバイルアプリで企業研修

アメリカのTrainual社は、研修受講者が勤務先企業の研修教材や資料、就業規則、業務手順などへのアクセスを簡単に行えるモバイルアプリ “Trainual” を発表した。アプリから、受講者は、課題に取り組み、テストを受け、必要な資料を、どこからでも探すことができるようになる。同社はこれまでウェブアプリを提供していた。

教材/アプリ
Trainual

“Trainual” は、社員が社外業務、出張や転勤なども多い中で研修を受けている状況を考慮している。必要な資料や情報にアクセスできないために、ミスをしてしまう、業務がうまくいかないことは、社員の企業に対する満足度を下げ、転職や退職を考えることにもつながるという。現在iOS用のみだが、アンドロイド用もまもなくリリースされる予定だ。

ベータ版テストに参加したアプリ利用者は、教材や情報を探すことがデスクトップコンピュータよりも、はるかに容易であると回答した。2022年までには、国際的労働人口の4割以上が社外で働いているモバイル社員になり、その傾向は強まっていくという分析もあり、同時にモバイルアプリですべての情報にアクセスしたいというニーズも高まると、同社は考えている。

Trainual社は、企業規模を問わず利用しやすいオンライン研修プラットフォームを、様々な業種に提供している。同社の顧客企業は100か国を超え3万人以上のユーザーがいる。

【アプリサイト】Trainual

広告 

PAGE TOP