【日本】あらゆる教材の学習記録を自動で一元管理

日本のスタディプラス株式会社は、デジタル教材の学習データを一元管理する “Studyplus for School SYNC” をリリースした。本サービスは第一弾として、全国展開されているプログラミング教室 “TechAcademyジュニア” にて既に提供されている。

教育システム
Studyplus

“Studyplus for School SYNC” は、デジタル教材の利用・進捗状況といった学習データを自動収集することで、先生の管理業務を軽減できるようになるサービスだ。本サービスを利用することにより、生徒一人ひとりの進度・モチベーションに合わせて指導する、アダプティブラーニングの実現が可能になる。

また、学習データの集約は、 教育事業者向け学習プラットフォーム “Studyplus for School”、及び学習管理SNS “Studyplus” にて行われるため、複数の教材を利用している場合でも、容易に学習記録を収集・分析することができる。特に、近年は動画教材・AI教材などを複数導入するケースが増えており、生徒の進捗状況の把握が困難になっていた。

今回、本サービスの導入を行った “TechAcademyジュニア” では、先生と生徒間の情報管理だけでなく、校舎と本部でのリアルタイムなコミュニケーションが可能になったという。スタディプラス株式会社は今後も、学習データの活用による生徒のモチベーション向上や、働き方改革に取り組んでいくとしている。

【企業サイト】スタディプラス株式会社

広告 

PAGE TOP