【日本】様々な分野の課題をロボティクスで解決する取り組みを紹介

日本のユカイ工学株式会社は、千葉市美浜区・幕張メッセで開催される、“CEATEC 2019” に出展することを発表した。“CEATEC 2019” は、あらゆる産業・業種によるCPS/IoTと共創をテーマに、超スマート社会の実現を目指して、2019年10月15日(火)~18日(金)に幕張メッセで開催されるイベントだ。

ロボット
CEATEC

ユカイ工学株式会社が出展するブースでは、「世の中の課題を、ロボティクスで解決する ~デザインと技術で、世界に驚きを~」をテーマに、様々な社会課題の解決に向けた、ロボティクスの取り組みや提案事例を紹介する。同社はこれまで、ユニークな発想と技術を活かして、様々な分野の企業と協業を行ってきた。

教育分野においては、工夫次第で無限のパターンが作れるロボットキットの出展を予定している。また、不動産分野では、マンションにおける不法投棄問題を解決できる、専用スマートロック付きのゴミ箱や、不正駐車を防止する専用ゲートが出展されるほか、採用難の管理人に代わって応答してくれる、多言語対応のロボット管理人なども見どころとなっている。

ブースでは他にも、セルフレジの利用者を接待するデジタルサイネージや、シニアライフを支えるコミュニケーションロボットなどを紹介する。ユカイ工学株式会社は、2007年の創業以来、数百件のIoTプロダクトを手掛けている企業だ。

【企業サイト】ユカイ工学株式会社

広告 

PAGE TOP