【アメリカ】サプライチェーンマネジメントのオンライン修士課程が始動

アメリカのテネシー大学のビジネスカレッジであるHaslam College of Businessは、サプライチェーンマネジメントのオンライン修士課程 “Master of Science in Supply Chain Management” の第1期生に対する授業を開始した。同課程は、エドテック企業のNoodle Partnerss社と共同で作られたものである。

オンライン
UT Haslam

オンライン課程 “Master of Science in Supply Chain Management” の第一期生は、Apple、日産、フォルクスワーゲンなどの企業出身の40名以上の学生で構成されている。多様な学生(39%が女性、20%がマイノリティ学生(入学者率が低いマイノリティのための入学優遇枠)、7%が外国の学生)がそれぞれの居住地からオンラインでの学習に取り組んでいる。

また、同課程の運営にあたっては、70の主要企業から250名以上の専門家を招き、知識の共有や交流の機会を設けている。こうした協力企業にはGoogle、Amazon、Dell、FedExなどのトップ企業も含まれており、今後、こうした企業から多くの学生が集まることが期待されている。

Haslam College of Businessは、1914年設立、5500名の学生を抱えるビジネススクールである。Noodle Partners社は、オンラインプログラムの開発企業で、大学など高等教育機関との連携を進めている。

【サービスサイト】Master of Science in Supply Chain Management

広告 

PAGE TOP