【アメリカ】悩みを抱える友人に手を差しのべるための教材

アメリカのメンタルヘルス慈善団体であるActive Mindsは、精神的な悩みに苦しむ友人に対してどのようなサポートができるかを考えるためのキット“V-A-R: Validate, Appreciate, Refer”(確認、認識、注目)の販売を開始した。専門家ではなくても、その場にいる人が何ができるかについてのヒントや話し方などが含まれている。

教材/アプリ
activeminds

“V-A-R: Validate, Appreciate, Refer”(確認、認識、注目) は、3ステップからなる、日常的な会話におけるシンプルな対応方法である。ステップはどれもわかりやすく、実行しやすく、覚えやすいものであり、悩んでいる人の悩みを聞くこと、その人の助けになるように対応することのガイドである。高校対象、一般対象のキットや研修コースなどが販売されている。

ストレスに悩んでいる、つらい思いをしている、苦しんでいる、メンタルヘルスに不安があるなどと、友人に打ち明けられても何と言っていいか分からない人が多いという。まず、友人の悩みをしっかりと聞いて、友人の言うことをきちんと聞いて助けようとしているということを、その友人に感じさせるために何をすべきかを、説明している。このような会話は悩み苦しむ友人にとって助けとなり、精神状態がさらに悪化することを防ぐこともできるという。

Active Mindsは、メンタルヘルスについての意識を高め青少年に対する教育を行う、非営利の団体として、800以上の高校や大学、また職場やコミュニティ、そして社会全般に対して広く活動している。9月の自殺予防月間に合わせて公開を行った。

【サイト】V-A-R: Validate, Appreciate, Refer

広告 

PAGE TOP