【日本】Jリーグでも利用されるコンディション管理アプリ

日本の株式会社エムティーアイは、自社のコンディション管理アプリ “Atleta” が、プロサッカークラブの横浜FCに導入されたことを発表した。これにより、クラブのトップチーム選手30名に対して、ICTによるコンディション管理を実施し、選手及びチームの成長に貢献していく。

教材/アプリ
Atleta

“Atleta” は、日々の体調や生活習慣、練習の内容などを記録・管理し、選手の効率的な成長をサポートするアプリだ。本アプリを利用することにより、体調や睡眠時間といった基本的な情報のほか、身体の症状や心身の疲労度、違和感などを、きめ細かくチェックすることが可能になる。

さらには、食事管理機能により、選手のエネルギー・栄養の過不足を分析し、食事のセルフコンディショニングのサポートを行えるほか、ケガや病気をした選手の状態を確認する、病気・ケガ管理機能も搭載している。また、女性アスリートに対しては、生理日管理サービス “ルナルナ” との連携機能により、月経異常やエネルギー不足を予防することも可能だ。

“Atleta” では他にも、スポーツに関わるすべての人が知っておくべき基礎知識や、スポーツ関連記事の発信も行っている。株式会社エムティーアイは今後も、スポーツの知恵とノウハウ、人的ネットワークをICTで結び、スポーツ現場の新しい可能性を創造していくとしている。

【サービスサイト】Atleta(アトレータ)

広告 

PAGE TOP