【日本】子供の本離れを科学的に調査する共同研究

日本の株式会社ポプラ社は、子供を取り巻く読書環境の改善を目指して、本の価値を科学的なアプローチで明らかにするプロジェクト “子どもと絵本・本に関する研究” を開始した。本プロジェクトは、同社と東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センターが共同で進める。

調査研究
poplar

“子どもと絵本・本に関する研究” は、子供の発育発達プロセスにおける、絵本・本の固有性や、認知能力・非認知能力の発達への寄与、絵本をとりまく環境などを、科学的アプローチによって明らかにしていくものだ。これにより、絵本・本の新たな価値を発見し、未来の子供により豊かな読書環境を提供することを目指す。

近年、デジタルメディアの普及が進み、乳幼児期でもスマホやタブレット端末に触れる機会が増えた一方で、子供が絵本や本に触れる機会は、今後さらに減っていくことが危惧されている。そこで、本プロジェクトでは、個人や家庭、自治体などを対象に、多層的かつ多面的な調査を実施することで、本の価値を見直すとともに、読書にまつわる環境改善に取り組む。

株式会社ポプラ社ではこれまでにも、赤ちゃん絵本の体験を促す “のびのび読み” を提唱するなど、読書推進活動に取り組んできた出版社だ。同社は、本プロジェクトについて、子供の未来に貢献するために、様々な分野と協働していくとする。

【企業サイト】ポプラ社 トピックス

広告 

PAGE TOP