【 日本】大学の就職支援をLINEと人工知能で大幅強化

日本の株式会社サイシードは、LINE公式アカウントを使った就職相談サービス “sAI Chat for University” を正式リリースした。本サービスは、埼玉大学において試験導入を実施しており、現場のフィードバックを取り入れるなどの改良を1年間かけて行ってきた。

ウェブサービス
saichat

“sAI Chat for University” は、LINEを通じて就職相談をすることができる、大学向けのAIチャットサービスだ。本サービスでは、AIがアドバイザーの回答をサポートしてくれるため、学生の質問に対して手軽に答えることができるようになっている。これにより、就職課の負担を軽減しつつ、気軽に相談ができる環境を実現することが可能だ。

近年、就職活動の時期になると、毎年のように面談希望の学生が就職課に殺到し、満足に面談を受けられない学生が多発している。こうした事態は、大学の就職実績に直結し、入学希望者数に大きな影響を与えるため、経営戦略において重要な課題となっているのが現状だ。そこで、本サービスでは、少ないキャリアアドバイザーで多くの学生を支援できるよう、AIによる大幅な効率化を実現している。

実際に、本サービスを試験導入した埼玉大学は、些細な質問も気軽にできるようになったことで、学生・職員双方にとって大きなメリットが生まれたとしている。株式会社サイシードは、自己解決チャットボット “sAI Chat” や、FAQ検索エンジン “sAI Search” を提供している企業。

【サービスサイト】sAI Chat

広告 

PAGE TOP