【日本】製造業・建設業向けの3DCG作成研修

日本のデジタルハリウッド株式会社は、製造業・建設業を対象に、デジタルスキル研修 “3DCGビジュアライゼーション研修” をリリースした。本研修は、同社のeラーニングサービス “デジタルハリウッドアカデミー” より提供される。

eラーニング
3DCG

“3DCGビジュアライゼーション研修” は、プロダクトを3DCGで写実的に表現し、ビジネス展開に活かしたいと考えている、製造業・建設業者向けのeラーニングだ。本研修を受講することにより、“3dsMax” や “Maya” といった3DCGソフトを活用して、プロダクトを顧客に訴求するすることができるようになる。

3DCGを作成できるようになれば、自動車関連メーカーが、新型車のリアルな3DCGを作成して広告に利用したり、住宅メーカーであれば、建物の完成イメージを予め顧客に伝えることも可能だ。受講する社員が理解度やペースを考えて学習し、3DCGビジュアライズスキルを習得すれば、作成する業務を内製化するなど、コスト面でも有用な研修である。

デジタルハリウッド株式会社は、eラーニングや専門スクール、専門職大学院などの運営を手がける企業だ。同社の “デジタルハリウッドアカデミー” では、教育活性化を実現するために、eラーニング教材の提供だけでなく、講師の派遣からイベントの企画まで、トータルで支援を行っている。

【サービスサイト】デジタルハリウッドアカデミー

広告 

PAGE TOP