【カナダ】AIで企業研修を個別化

カナダのDocebo社は、企業研修向けの学習プラットフォーム “Docebo 7.7” アップデートによって、AIを活用して、受講者それぞれに内容をパーソナライズした個別教育が可能であることを、発表した。同プラットフォームに千種記される、受講者の過去の学習データをAIが分析して、各自に最適な学習を提案し、学習効果をアップし、チーム、企業のパフォーマンスを高めることにつながる。

eラーニング
DecoboAI

“Docebo 7.7” の個別化された学習を提案する機能はアプリによって提供され、、モバイル機器での学習に対応し、AIによる個別化された学習が常に可能となる。ソーシャルラーニングやユーザー作成コンテンツの蓄積によりプラットフォーム内のコンテンツ量が増加していく。受講者にとっては、必要な教材を見つけ出すことが困難になるが、AIが個々の受講者に適切な教材を探し出し提案する。

プラットフォーム管理者は、受講者を登録する際に、何を誰が学習すればよいかというリストが提供されるため、受講者と学習内容の割り当てにかかる時間が削減される。受講者の上司も、チームのパフォーマンスを向上させるためには、AIによって研修対象者リストが作成できることになる。そして継続的に、学習履歴から次に学ぶべきことが提案されていく。

Docebo社は、AIを活用することで、従来のトップダウン型の学習プログラムから、個別化されたプログラムへの移行を推進している。同プラットフォームは、1500以上の企業において採用され、社内・社外向けの教育に活用されている。

【企業サイト】Docebo

広告 

PAGE TOP