【ピックアップ情報コーナー2019.6.3】

aspire

【アメリカ】オフラインにも対応のモバイルラーニングアプリ

◆アメリカのSynegen社は、既存のLMSプラットフォーム向けの新しいモバイルラーニングアプリケーション “Aspire” を発表した。iOS、Android端末向けに展開される同アプリは、オンライン、オフラインどちらにも対応したモバイルラーニング環境を提供する。◆

“Aspire” では、モバイル向けに学習コンテンツを改変する必要は無いため、既存のコンテンツをそのまま利用できる。現在、利用環境としては、TotaraやMoodleなどのLMSプラットフォームを想定している。

企業においては、現在利用中のLMSプラットフォームにアプリを組み合わせるだけで、素早い導入が可能である。また、利用者にとっては、Wi-Fiが無い環境などオフラインでも場所の制約を受けず、学習コースを受講したり、テストに挑戦したり、学習成果を確認したりできるので、学習の負担が軽減される。

Synegen社は、LMSソフトウェア開発に力を入れる企業で、様々な業界の企業に対して、それぞれのニーズに合わせた新しい教育ソリューションを提供してきている。

【アプリサイト】Aspire Mobile App

 
 

hon-hikidashi

【日本】プログラミング学習に役立つ書籍を選出

◆日本の日本出版販売株式会社は、エンジニア、小学生、教員など500名以上が投票で選出する “こどもプログラミング本大賞” の結果を発表し、“なるほどわかったコンピューターとプログラミング”(出版社:ひさかたチャイルド)が大賞を獲得した。◆

“こどもプログラミング本大賞” は、小学校におけるプログラミング教育の必修化が予定されるなど、プログラミング学習のニーズが拡大する中、適切な書籍、教材を選出するために実施された。大賞に輝いた “なるほどわかったコンピューターとプログラミング” は、コンピュータの基礎やプログラミングの概念を楽しく学べる仕掛け絵本で、パソコンが無い環境でも、効果的な学習が可能になる。

大賞以下、絵本・読み物部門では、“テラと7人の賢者”(出版社:学研プラス)、操作マニュアル部門では、“できるパソコンで楽しむマインクラフトプログラミング入門”(インプレス)、保護者・教員向け部門では、“コンピューター&テクノロジー解体新書”(SBクリエイティブ)などが入賞した。

日本出版販売株式会社は、書籍、教材の取次販売などの事業を展開しており、本大賞受賞作品・部門賞入賞作品の店頭フェアなど、今後も子供を対象とするプログラミング本の認知拡大を図っていくという。

【プログラムサイト】子どものプログラミング学習にはこれ!エンジニア・教員・小学生らが選ぶ「こどもプログラミング本大賞」受賞作決定

 
 

NextOne

【日本】働き方改革に対応する管理職向け研修プログラム

◆日本の株式会社NEWONEは、働き方改革プラットフォーム “TeamSpirit” と連動した、管理職向け研修プログラム “Next One” を販売開始した。本プログラムを利用することで、管理職を強化し、働き方改革に対応することができるようになる。◆

“Next One” は、管理者が労働時間ではなく、成果にフォーカスしたマネジメントを行うための、意識転換を実現する研修プログラムだ。本プログラムでは、一人ひとりの貢献意欲と主体性を高める、エンゲージメント向上の方法など、管理職に必要な様々なスキルが習得可能となっている。

そして、“TeamSpirit” は、従業員が日常的に利用する機能を統合し、企業の生産性向上や内部統制の強化を支援するクラウドサービスだ。この “TeamSpirit” を、本プログラムと連動させることにより、研修によって得た気づきを、部署全体のアクションとして推進することができるようになる。

株式会社NEWONEは、働き方改革やエンゲージメントを軸に、企業向けコンサルティング・人材育成・組織開発を手がけている企業だ。同社は、在宅勤務やリモートワークなどの働き方に対応するためには、マネジメントスタイルの変更は大きな課題であると述べている。

【プログラムサイト】労働時間ではなく成果でマネジメントするための意識・行動変革プログラム「Next One」

 
 

udon

【日本】自宅で本格さぬきうどん作り体験

◆日本の瀬戸内うどんカンパニー株式会社は、食育教材 “さぬきうどん英才教育キット” を、海外向けに販売開始したことを発表した。本製品の海外販売は、世界135ヶ国に販売実績のある、ECプラットフォーム “ZENMARKETPLACE” にて行われる。◆

“さぬきうどん英才教育キット” は、本格的な香川のさぬきうどん作りを、家族で楽しく学ぶことができる家庭用食育キットだ。本製品には、絵本のようなかわいいワークブックや、うどん作りで感じたことを表現できる付属シールなど、子供がワクワクするような仕掛けが多数用意されている。

本製品は現在、日本語版のみの提供となっているが、今後は英語版の作成により、本格的に海外展開を行っていくとのことだ。加えて、“ZENMARKETPLACE” の契約する海外Youtuberによる、調理動画を配信するなど、広いPRを実施していく予定であるという。

瀬戸内うどんカンパニー株式会社は、「瀬戸内」と「うどん」という、全国区で認知されるキーワードを切り口に、新しい価値やビジネスをプロデュースする地域商社だ。同社は、本製品の海外展開により、世界中の人々に瀬戸内の魅力を届けたいとしている。

【販売サイト】さぬきうどん英才教育キット

広告 

PAGE TOP