【アメリカ】2019年の国際遠隔教育賞

アメリカの、米国遠隔教育協会(USDLA)は、遠隔教育の開発や配信に携わる個人、機関、企業を対象とする “International Distance Learning Awards”(国際遠隔教育賞)の2019年受賞者及び団体を発表した。同賞は、優れた教育プログラムや内容を選考することによって、遠隔教育の水準を引き上げていくことに寄与している。

オンライン
USDLA

“International Distance Learning Awards” は、オンライン、ビデオセミナー、ライブ中継、ブレンディッドラーニングなどの教育利用において、特筆すべき結果をあげたプログラムまた個人や団体を表彰している。同賞には、業界におけるリーダーシップ、各機関や企業内におけるリーダシップ、イノベーション、グローバルインパクト教育または研修での実績、受講者実績、調査研究の7カテゴリーがある。

今年度は、イノベーションでは、オンライン大学ウェスタン・ガバナーズ・ユニバーシティ、教育実績ではドレクセル大学オンライン、コロンビア大学社会福祉学部オンラインコースなど大学の受賞が目立つ。大学以外では、180以上のコースを持ち完全にeラーニングで学ぶことができるK-12のフロリダバーチャルスクールが教育実績カテゴリーで受賞している。

USDLAは、1987年に設立された非営利機関で、後援者や会員などは内外合わせて2万人に及び、アメリカの教育・研修市場において影響力を持ち、学校教育、ホームスクーリング、企業研修などの遠隔教育の開発を促進ししている。

【協会サイト】米国遠隔教育協会(United States Distance Learning Association)

広告 

PAGE TOP