【日本】親子をサポートするサービス

ゲーム感覚で親子で国語、算数、理科、社会などの科目やプログラミングについて学習する【日本】親子で取り組む学習ゲーム(株式会社テラバイト)、子育て世帯に自治体から必要な情報を確実に届ける【日本】子育て情報配信アプリ、大阪府高槻市が新規採用(株式会社ホープ)、【日本】子供の野球をスマホでリアルタイム観戦(株式会社USEYA、ワンリーグループ株式会社)、3記事を掲載。

シリーズ
oyakoya

【日本】親子で取り組む学習ゲーム

◆日本の株式会社テラバイトは、ゲーム感覚で様々な学習ができるサービス “おやこやクエスト” を提供開始した。「デジタルネイティブにあった教育を」提供したいという本サービスの特徴は、保護者など大人が先生となって、子供の勉強をサポートしたり、教材や問題を作成することができるという点だ。◆

“おやこやクエスト” は、親子で一緒にいろいろな場所を冒険しながら、クエスト形式で出題される問題を解くための、知識を身に付けていく学習サービスだ。本サービスでは、国語、算数、理科、社会などの一般科目だけでなく、必修化を間近に控えているプログラミングについても、学習することができる。

また、これまでパソコンに触れたことがない子供でも、本サービスを通して、基本的な操作を覚えることが可能だ。本サービスでは他にも、キャラクターの着せ替えや、友達との共同プレイなど、学習を楽しく継続するための様々な工夫が施されている。

“おやこやクエスト” の登録・利用は無料である。株式会社テラバイトは、本サービスの他に、パズルゲームアプリ “アニパルズ” や、低コストなWEBコンテンツ管理システム “KUDO CMS” の提供を行っている企業。

【サービスサイト】おやこやクエスト

 
 

machikago

【日本】子育て情報配信アプリ、大阪府高槻市が新規採用

◆日本の株式会社ホープは、子育て情報配信アプリ “マチカゴ” を新たに、大阪府高槻市が導入したことを発表。同アプリは、2018年6月29日にリリースされ、東京都多摩市、福岡県春日市、大阪府四條畷市など、10以上の市区町村で既に採用されている。◆

“マチカゴ” は、予防接種、健診、行政手続きや各種イベントなど、子育てに必要な情報を、自治体が子育て世帯に配信するアプリだ。情報は、居住地と子どもの年齢別に配信されるので、必要な情報だけを素早く入手することができる。また、スケジュール管理を容易にするカレンダー・通知の機能のほか、家族内でのスケジュールの共有や、自治体の子育て相談窓口を表示する機能も盛り込まれている。

現在、高槻市では、高槻市総合戦略プランとして、“子育て・教育の環境が整ったまち” の実現を目指している。これまでにも、ウェブサイトや情報誌を通して子育てに役立つ情報を発信してきたが、この度、安価に導入・運用できることから同アプリに注目し、採用に踏み切った。

株式会社ホープは、広告、アプリやメディア、電力サービスなどで自治体をサポートする、福岡県の企業である。同社は、“マチカゴ” の導入自治体拡大を進めており、高槻市に次いで、熊本県の山都町でも導入が決まっている。

【サービスサイト】マチカゴ マチの子育てアプリ -自治体様向けページ-

 
 

Kanpro

【日本】子供の野球をスマホでリアルタイム観戦

◆日本の株式会社USEYAは、ワンリーグループ株式会社と業務提携し、スポーツ事業の一環として、小中高校生向け一球速報アプリ “Kanpro” の提供を開始した。ワンリーグループ株式会社では、子供のスポーツを応援する事業を展開している。◆

“Kanpro” は、少年野球や草野球、ソフトボールの試合を、スマホで観戦できる一球速報アプリだ。本アプリを利用することで、子供の試合を直接観戦できない場合にも、試合内容をリアルタイム共有し、現地と一緒に盛り上がることができる。

近年では、一般のチャットアプリを利用して、子供の試合の経過を逐一送信している家庭も少なくないという。本アプリは、タッチ操作で簡単に入力できるため、野球を熟知していない人でも入力することができるほか、試合のスケジュール管理や、試合結果の記録なども可能だ。

“Kanpro” は、全ての機能が無料で利用可能で、AndroidとiOSの両方に対応している。株式会社USEYAは、スマホアプリや、ウェアラブル端末制御ソフトウェア、ドローン撮影サービスなどの提供を手がけている企業だ。

【サポートサイト】一球速報アプリ Kanpro -カンプロ-

広告 

PAGE TOP