【アメリカ】幼稚園入園前の早期教育を支援

アメリカの非営利公益法人Waterford.orgは、国内の幼稚園入園前の子どもの早期教育を推進するプロジェクトである “Waterford UPSTART” を、展開している。目的は、低所得家庭など、教育・学習に困難を抱える層を中心に、家庭での学習環境を整備し、習慣的な学習により基礎的なスキルを養成することだ。

オンライン
waterford

“Waterford UPSTART” は、幼稚園入園前の4歳児に対し、家庭学習の機会を提供する。パソコン上で、ソフトウェアを利用して、1日15分、週5日間の学習に取り組むことで、基礎的な学力と認知能力の習得を促し、幼稚園教育へのスムーズな移行をサポートする。基本的には、親が教師代わりを務めるが、講師による個別指導を受けることもできる。経済的に困難を抱える家庭に対しては、PCとインターネットのアクセスが無償で提供される。

研究によれば、幼稚園入園前に基礎的なスキルを身に着けられなかった子どもは、その後の教育での中退の可能性が25%高くなり、10代で子どもをもうける率も上昇する一方、大学進学の可能性は60%低下する。同プロジェクトで早期教育を受けた子どもは、基礎的な読み書き能力が他の子どもより優れており、その後の学業における成功も期待されている。

“Waterford UPSTART” は、すでに国内15以上の州で導入され、2019年秋以降、カリフォルニア、ネバダなど複数の州に、新たにサービスを拡大する予定である。同法人は、コミュニティや、質の高い教育をコミュニティや学校、ホームスクールなどすべての学習者に広げる活動を行っている。

【法人サイト】 Waterford.org

広告 

PAGE TOP