【日本】子供の発明をテーマにした産学連携が実現

日本の株式会社AI Samuraiは、株式会社 学研プラス、及び鳥取大学と共同で、クリエイティブ思考を育てるコンテンツの開発・提供を行うことを発表した。今後は、特許審査シミュレーションシステム “IP Samurai” をベースに、子供の創造性と想像力の成長を支援していく。

産学連携
AI Samurai

今回、株式会社AI Samuraiにパートナーとして招聘された、鳥取大学医学部附属病院新規医療推進センターの植木賢教授は、発明に関する独自の思考メソッドを、“発明楽” として体系化する取り組みを行っている。そこに、株式会社 学研プラスの次世代教育創造事業部STEAM事業室が加わることで、AI・発明・教育学習という、3者それぞれの強みを活かした、次代の人材育成が実現することになった。

また、この取り組みのベースとなる “IP Samurai” は、発明内容をテキストボックスに入力するだけで、AIが自動で各種調査を行っていくれるという画期的なシステムだ。株式会社AI Samuraiではこれまでにも、同サービスを活用して、子供が生み出したアイデアを評価し、特許出願を実体験してもらう、“発明寺子屋” という活動を進めてきた。

株式会社AI Samuraiは、今回の連携について、発明を考えることの面白さを、子供により実感してもらいたいと述べている。同社の提供する “IP Samurai” は、日本やアメリカで販売されており、トヨタ自動車株式会社のグループ企業とも契約している。

【企業サイト】株式会社AI Samurai

広告 

PAGE TOP