【アメリカ】柔軟性の高いオンラインMBA課程

アメリカのステッソン大学の経営学部は、同校の経営学修士(MBA)課程について、様々なライフスタイルの学生が柔軟に、個別化されたカリキュラムで受講できるよう、内容の変更を行った。新カリキュラムは、2019年秋のセメスターから実施される見込みである。

オンライン
stetson

新カリキュラムでは、経営学の学士号を取得していないなど経営学のバックグラウンドを持たない学生を対象に、2つの基礎コースが増設された。通常のMBAプログラムに進む前にこれらのコースを受講することで、ビジネス感覚や関連専門知識を補うことができる。学部の専攻が異なるMBA志望者も、経営学部に入り直すことなく、MBA課程に入学できる。

また同時に、1セメスターを8週間×2タームとする試みも行われた。従来、働きながらMBAを志す学生は、仕事の都合で休学を余儀なくされる場合もあったが、この新カリキュラムでは、より柔軟な受講が可能となっている。授業が100%オンラインで提供される点も、様々な学習スタイルを考慮したものとなっている。

ステッソン大学は、1883年に設立されたフロリダ州の大学で、学生の声を重視した地方大学として高い評判を得ている。

【学部サイト】Master of Business Administration – Online

広告 

PAGE TOP