【ピックアップ情報コーナー2019.3.26】

【日本】大学のワークフロー化による業務改革の事例(株式会社ドリーム・アーツ、学校法人立命館)、【日本】スマホでワイン・日本酒の資格取得対策(株式会社アカデミー・デュ・ヴァン)、【日本】クラウドワークとeラーニングの連携が実現(Mamasan&Company株式会社、エスエイティーティー株式会社)、【日本】保護者の悩みはプログラミングスクール探し(GMOメディア株式会社)、4記事を掲載。

ピックアップ
dreamarts

【日本】大学のワークフロー化による業務改革の事例

◆日本の株式会社ドリーム・アーツは、自社のBPM型Webデータベース “ひびきRSm@rtDB” が、学校法人立命館に導入されたことを発表した。本サービスの導入により、学生・教員・職員それぞれにとって、利便性と付加価値の高い環境整備を目指す。◆

“ひびきRSm@rtDB” は、大規模企業・組織のあらゆるビジネス現場に対応する、ノンプログラミングで開発可能なBPM型Webデータベースだ。本サービスは、誰でも業務利用できる直感的な操作性と、大規模組織に求められる高度なセキュリティ設定を実現している。

これまで、学校法人立命館では、約3300人の教職員と、約4万8000人の学生が在籍しているにも関わらず、学内のほぼ全ての事務を紙で行っていた。そこで今回、“ひびきRSm@rtDB” を導入したことで、どこでもWeb画面で各種手続きができるようになっただけでなく、稟議申請や施設予約、発注・購買業務などの処理をシステム化し、ワークフローを使って事務を進められるようになる。

また、システム化された様々なデータを連携させることで、学生一人ひとりの成長を一貫してサポートすることも可能だ。株式会社ドリーム・アーツは、情報共有と対話を重視した、独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供している企業。

【サービスサイト】ひびきRSm@rtDB

 
 

advgr

【日本】スマホでワイン・日本酒の資格取得対策

◆日本の株式会社アカデミー・デュ・ヴァンは、ワインや日本酒の資格取得対策に最適な学習ツールとして、“2019年度J.S.A.受験対策オンラインアカデミー” を公開した。“J.S.A. ソムリエ・ワインエキスパート受験対策オンラインアカデミー”と、“J.S.A. SAKE DIPLOMA受験対策オンラインアカデミー” の二種類が受講できる。◆

“J.S.A.受験対策オンラインアカデミー” は、一般社団法人日本ソムリエ協会が毎年主催している、ワインと日本酒に関する呼称資格認定試験の受験対策として、講義動画や練習問題、本番と同じくCBT方式に準拠した模擬試験などを利用できる学習ツールだ。本ツールを利用することで、これまで多数の合格者を輩出してきた同社の学習コンテンツを、PCやスマホで見ることができるようになる。

本ツールの最新バージョンである2019年度版では、講義動画のパフォーマンス改善、練習問題への解説の追加、設問の大幅追加などが行われており、前バージョンよりもさらに効果的な学習を実現している。他にも、成績レポート機能の利用や、苦手分野に絞った学習なども可能だ。

利用料は、模擬試験も含み、ワイン対策が5万4000円、日本酒対策が3万2400円である。株式会社アカデミー・デュ・ヴァンは、ワインスクールの運営の他に、クオリティ・ワインの輸入や、卸売・コンサルティングなども手がけている企業。

【講座サイト】J.S.A.ソムリエ・ワインエキスパート オンライン受験対策講座

 
 

mamasan

【日本】クラウドワークとeラーニングの連携が実現

◆日本のMamasan&Company株式会社は、駿台グループのITラーニング会社であるエスエイティーティー株式会社と、資本業務提携を締結したことを発表した。エスエイティーティー株式会社は、ICT教育やeラーニング全般の企画・開発・導入支援を行っている企業。◆

Mamasan&Company株式会社と、エスエイティーティー株式会社が実施した業務提携の目的は、シンクライアント環境や人材管理システム、教育コンテンツなどの提供と合わせて、人材採用から組織マネジメントまでのコーチングを行うことだ。そして、従来の在宅型BPOサービスや、在宅型システム開発受託の拡大に加えて、企業の人材確保ニーズに対応した、新たなプラットフォームの構築を目指す。

エスエイティーティー株式会社では、駿台グループが有する100年の教育ノウハウと、最新の技術を集結したeラーニング “学び~と” を提供している。今回の業務提携により、本サービスの普及を促進できるだけでなく、開発ニーズに対応した、より安定的なエンジニア人材の確保も可能となった。

なお、新プラットフォームサービスについては、2019年12月のリリースを予定しているとのこと。Mamasan&Company株式会社は、クラウドワーク環境による事務処理業務全般の請負や、業務プロセスの最適化などを手がける企業。

【企業サイト】Mamasan&Company株式会社

 
 

coeteco

【日本】保護者の悩みはプログラミングスクール探し

◆日本のGMOメディア株式会社は、小学生の子供を持つ保護者を対象に、プログラミング教育必修化の認知度と、習い事事情に関する調査を実施した。本調査は、同社が運営するプログラミング教育ポータルサービス “コエテコ byGMO” にて実施。◆

GMOメディア株式会社が実施した調査によると、2020年の小学校でのプログラミング教育必修化について、知っていると回答した人は61.1%で、前回の調査から10ポイント上昇して6割を超える結果となった。一方、2024年度の大学入学共通テストに、情報Ⅰが導入されることについては、知っていると答えた人は25.7%に留まった。

また、習い事事情についての調査では、子供を毎週習い事に通わせる保護者が、7割を超えていることがわかった。さらに、多くの保護者は、子供に合う習い事がわからない、スクールの調べ方がわからない、といった悩みがあることも判明した。そこで同社では、こうした問題に対処するため、子供に合わせたプログラミング教室を探すことができる、“プログラミング教室ぴったり診断” の提供を開始している。

“コエテコ byGMO” では、“プログラミング教室ぴったり診断” 機能の他にも、プログラミング教育に関する最新ニュースや、調査結果など、様々な情報を発信している。GMOメディア株式会社は、教育メディアや、若い女性向けメディアの運営を手がける企業。

【診断サイト】プログラミング教室ぴったり診断

広告 

PAGE TOP