【アメリカ】スマートエデュケーション市場予測2019年~2025年

アメリカのMarket Insights Reports社は、2019年~2025年までのスマートエデュケーションの国際市場予測 “Global Smart Education Market Size, Status And Forecast 2019-2025” レポートの販売を開始している。同レポートは、中国のQYリサーチ社(QYResearch)が出版した。

調査研究
marketinsightsreports

“Global Smart Education Market Size, Status And Forecast 2019-2025” は、スマートエデュケーションとして、自律した学習態度、学習に対する動機づけ、多種多様な教材が豊富、学習者の適性や能力に対応、ICT教育システムについて、調査している。同市場の主要な企業として、アメリカのCisco社、Ellcian社、Blackboard社、Instructure社、イギリスのPeason社、韓国のサムスン電子社をとりあげている。

レポートは、予測期間において、学校や大学など教育機関で高まるデジタルコンテンツに対するニーズから、どのような製品が市場の主流となるかを説明する。また講義や課題など教材として電子書籍を利用する学生や教育者が増えていくことで、カリキュラムに基づいた電子書籍が求められると、考えている。各種のスマートデバイスを使った教育が広がっている高等教育機関が、市場におけるメインのエンドユーザーとなり、学生はICT環境の整備された教室でスマートフォンなどを利用していく。

QYリサーチ社は、様々な分野の市場について調査をそのレポートを刊行。MarketInsightsReports社は、業界、各種団体・機関などを対象として、分野や業種など幅広く国際的な、また地域を限定した市場調査レポートを提供する。

【レポートサイト】Global Smart Education Market Size, Status And Forecast 2019-2025

広告 

PAGE TOP