【アメリカ】ビジネススクールでeポートフォリオ導入

アメリカのポイントパーク大学のビジネススクールRowland School of Businessは、eポートフォリオの機能を盛り込んだ、Portfolium社の “Student Success” プラットフォームを採用、学生が学習成果をeポートフォリオに蓄積し、就職活動に役立てられるようにする。

ICT
RowlandSchool

“Student Success” のeポートフォリオ機能によって、同スクールの学習環境において、学生が習得する実社会で通用するスキルを記録し、確認することができる。現在、同大学では、40を超える企業との連携しており、企業プログラムやインターンシップ体験などを通して得られた貴重なスキルも蓄積していく。提携先企業での給与が支払われるフルタイム就業経験なども提供されており、実践的な能力を、就職活動において企業にアピールできる。

大学側は、同プラットフォームの導入の理由として、1)使いやすい、2)就職先となる企業との関係を作ることができる、3)大学のニーズに合わせてシステムのカスタマイズが可能、といった点を挙げている。同大学では、まずは、1、2年生を対象として、システムの導入を行っている。

ポイントパーク大学は、ペンシルバニア州ピッツバーグにある大学で、ビジネススクール以外にも、計82の学士プログラム、18の大学院プログラムを有し、リベラルアーツ教育に力を入れている。Portfolium社の “Student Success” は3600以上の高等教育機関で利用されている。

【大学サイト】Point Park University Rowland School of Business

広告 

PAGE TOP