【日本】ビッグデータ解析でスマートライフを実現

日本の株式会社日本新電力総合研究所は、スマートライフの実現と社会課題解決に向け、人々の電力利用におけるビッグデータを解析する研究所 “スマートライフラボ” を本格始動した。また、研究所の始動に併せて、公式サイトも公開している。

産学連携
smartlifelab

“スマートライフラボ” は、京都大学やシカゴ大学、ロンドン大学などの、世界的専門家で構成された研究チームが連携して、電力利用のビッグデータ解析を行う研究所だ。電力利用を解析することで、一人ひとりのライフスタイルに合わせた、最適な電力プランを提案できるようになる。

さらに、電力データの活用により、家に人がいるかどうかを推定し、再配達のリスクを低減するといったことも可能になる。他にも、IoTによりあらゆる物の利用データを分析し、エネルギーやヘルスケアなど、新たな分野でのビジネスを創出することができる。

株式会社日本新電力総合研究所は、主に電力会社設立の支援を行っている企業だ。同社は今後も、“スマートライフラボ” を通じて、人々が自身にとってより良い選択をできるようなスマートライフの実現と、社会課題解決に向けた革新的なサービスを提供していくとしている。

【公式サイト】スマートライフラボ公式サイト

広告 

PAGE TOP