【アメリカ】米国、台湾2大学が連携しエンジニアのデュアルディグリー教育

アメリカのパデュー大学と、台湾の国立成功大学(NCKU)は、両大学の学位を同時に取得できるエンジニアリング分野のデュアルディグリープログラムをNCKUの学生向けに設置する。同プログラムへの入学にあたっては、パデューが展開するオンライン学習サービス “Purdue Online” の教育コースを事前に修了することを要件としている。

オンライン
Purdue

同デュアルディグリープログラムでは、3年間NCKUで学んだ後、2年間パデューで学ぶことで、NCKUの学士号とパデューの修士号を同時に取得することが可能である。また、パデュー側は、今回のプログラム設置を受け、今後は他の大学とも連携し、パデューの教育コンテンツを世界に広めていく考えを示している。

今回の試みは、グローバル規模でのエンジニアへのニーズに応えるべく実施された。世界規模での人口増加(国連の予測では、人口は2050年までに97億人に到達)による水の需要増加(30パーセントの増加)に伴い、インフラが不足し、エンジニアの需要が増加すると見込まれている。エンジニアリング教育においても、オンライン教育などを積極的に活用た連携の加速が求められている。

“Purdue Online” は、教育のためのリソースや、学術的、技術的なサポートの提供を行う、オンラインサービスである。学部、大学院レベルのプログラム、社会人向けのプログラム、各種の教育コースを幅広く展開している。

【スクールサイト】Purdue Online Learning

広告 

PAGE TOP