【ピックアップ情報コーナー2018.11.30】

【日本】画像認識も可能な子供も使えるプログラミング教育用ドローン(Ryze Tech社)、【日本】パソコンがいらないプログラミング教材(株式会社イーケイジャパン)、【日本】低価格な研修依頼サービスの利用が急増(株式会社リカレント)、【日本】オンラインで参加できるアクティブラーニング(株式会社BYD、サイバーリンク株式会社)、4記事を掲載。

ピックアップ
Tello EDU

【日本】画像認識も可能な、子供も使えるプログラミング教育用ドローン

◆中国のRyze Tech社は、子供でも安全に学習可能な、プログラミング教育用ドローン “Tello EDU” を発表し、販売を開始。本製品は、DJIオンラインストア、Appleオンラインストア、及び全世界のAppleストアにて購入できる。◆

“Tello EDU” は、ドローンの操縦を通して、楽しくプログラミングを学ぶことができる製品だ。本製品は、87gという軽量でありながら、HDカメラでの撮影や、フリップ・トリック飛行が可能なほか、プログラムによる編隊飛行などを実行することもできる。

現在、同社が提供している教育用ドローン “Tello” は、既に様々な教育現場で活用されているが、“Tello EDU” では、“Tello”の長所をさらに拡張し、プログラミング言語の追加や、ジェスチャーコントロールの実現など、様々な新要素が搭載されている。これにより、子供から経験豊富なプログラマーまで、誰でも楽しみながら学ぶことが可能だ。

“Tello EDU” は、価格が1万6800円、製品パッケージにはドローン本体の他に、ドローンに位置を認識させるミッションパッドや、予備プロペラなどが同梱されている。なお、専用アプリを利用することで、ドローン操作に加えて、バーチャルミッションやアドベンチャーも体験可能である。

【製品サイト】Tello EDU

 
 

Piece

【日本】パソコンがいらないプログラミング教材

◆日本の株式会社イーケイジャパンは、アンプラグドなプログラミング教材 “PIECE” シリーズから、新たに3製品を発売することを発表した。これらの新製品では、手を叩く音に反応してライトが明滅する装置など、様々なアイデアを形にしながら、プログラミングの考え方を習得することができる。◆

“PIECE” は、パソコンやタブレットを必要とせずに、様々な電子回路モジュールを組み合わせることで、プログラミングの授業を行うことができる教材だ。今回、新たに発売される製品の一つである “PIECE基本セット” は、旧製品から使用頻度の高いモジュールを厳選した、お手頃価格のセットとなっている。

また、“PIECE追加モジュールセット1” では、基本的な入出力・処理モジュールに加えて、録音再生やLEDライト、リモコン信号をキャッチするセンサーなど、より楽しいアイデアの実現に役立つモジュールが利用可能だ。そして、“PIECE追加モジュールセット2” では、XORやFLIP-FLOPなど、より高度な論理回路を学べるモジュール7種類が用意されている。

これらの新製品は、いずれも2018年12月中旬に販売開始予定だ。株式会社イーケイジャパンでは他にも、電子工作キット “エレキット” として、ロボット工作やエコエネルギー工作など、様々なものづくり体験を提供している。

【製品サイト】つなぐ・つくる・まなぶ PIECE(ピース)

 
 

Oncy

【日本】低価格な研修依頼サービスの利用が急増

◆日本の株式会社リカレントは、自社が運営する研修依頼サービス “Oncy” において、研修登録総額が1億円を突破したことを発表した。本サービスは、2018年9月にリリースされてから、2ヶ月の間で加速度的に研修登録数を増やしてきた。◆

“Oncy” は、企業が研修講師に直接依頼をすることができる、登録料・利用料無料の研修依頼サービスだ。本サービスには現在、約300名のプロ講師と、580件を超える研修案件が登録されており、企業は自社に合った研修講師に、案件の相談・依頼をすることができる。

本サービスにより、従来であれば実施が難しかった小規模な研修でも、低コストで実現することが可能だ。実際に行われた研修の中には、少人数の新人フォローアップ研修や、営業メンバー3名を対象にしたコミュニケーション研修などもある。他にも、ビッグデータ研修やプレゼンテーション研修など、様々な分野における研修を、依頼することが可能となっている。

また、本サービスでは、サービス利便性の確保だけでなく、研修の質の担保にも注力しているという。株式会社リカレントは、リカレント教育を通して、人生の選択肢を増やすことをミッションに、社会人教育に特化した事業を展開している企業だ。

【サービスサイト】研修依頼サービス Oncy

 
 

3rdClass

【日本】オンラインで参加できるアクティブラーニング

◆日本の株式会社BYDは、サイバーリンク株式会社と業務提携し、アクティブラーニング型授業のオンラインサービス “3rd Class Online” をリリースする。本サービスは、サイバーリンク株式会社のWeb会議サービス “U ビジネスコミュニケーションサービス” をベースにしたものである。◆

“3rd Class” は、学校では学ぶことができない、社会で本当に求められるスキルを提供するための、大学生・高校生向けキャリアスクールだ。今回、新たにリリースする “3rd Class Online” では、アクティブラーニング型の授業を、オンラインで提供することで、全国どこからでもストレスなく参加することができるようになる。

本サービスの授業では最初に、社会課題やビジネス基礎に関する映像を、参加者全員で同時視聴した後、グループにわかれてディスカッションを行う。そして、グループの中で出た意見と、自分の考えをまとめて、プレゼンテーションを行うというのが主な流れとなっている。これにより、受講者は、全国の学生とコミュニティを形成しながら、思考力、表現力、判断力を養うことが可能だ。

“3rd Class Online” は今後、学生や講師陣からのフィードバックをもとに、サービスの向上を目指していくとしている。株式会社BYDは、若者向け教育事業やセミナー事業、企業研修事業などを行っている企業。

【サービスサイト】3rd Class

広告 

PAGE TOP