【日本】ストレスの自動計測からヘルスケアまでサポート

日本の株式会社ラフールは、ストレスチェック実施後の対策導入を支援するサービスとして、同社とマーブル株式会社によって構築された “健康経営保証パッケージ” をリリースした。社員それぞれに適した支援策を考えることができるため、業務効率の向上や離職防止にも効果が期待される。

オンライン
lafool

“健康経営保証パッケージ” は、働く人々の心身の健康をケアするために、ストレスチェックやカウセリング、提携病院での磁気刺激治療など、様々なサービスを受けられるパッケージだ。そして、本パッケージの最大の特徴は、ウェアラブル端末によって、心拍数や運動量、消費カロリーなどの計測が可能な点である。

さらに、ウェアラブル端末とコーチングアプリを組み合わせることで、健康データから従業員のストレス度を自動計測し、メンタルヘルス改善につなげることもできる。また、ストレスチェックには、同社の “priskHR” が利用可能で、こちらは1年間使い放題となっている。

“健康経営保証パッケージ” は、一人あたり月額300円で利用することができる。株式会社ラフールは、メンタルヘルステック事業やスリープテック事業のほかに、メンタルヘルスによる企業変革コンサルティングも行っている企業。

【企業サイト】株式会社ラフール

広告 

PAGE TOP