【日本】ワークショップでAI教材やSTEAM教育を体験(丸の内キッズジャンボリー2018)

日本の株式会社COMPASSは、人工知能型タブレット教材 “Qubena” と、STEAMワークショップ教室を、“丸の内キッズジャンボリー2018” に出展することを発表した。“丸の内キッズジャンボリー2018” は、子供の好奇心をくすぐる様々な体験が可能な、親子向けの人気イベントである。

教育総合
Qubena

“Qubena” は、AIによるアダプティブラーニングで、圧倒的な学習効果を実現することができる教材だ。同社が運営する学習塾では、本教材によって、中学校数学の1学年分の範囲を、平均32時間という短期間で修了している。そして、今回の出展では、本教材を体験することができるとともに、本教材を活用した模擬授業を受けることも可能だ。

また、同じく出展される、STEAM教育ワークショップは、小学校低学年を対象に、ドローン操縦やAR体験を提供するものだ。これにより、楽しい遊びの体験を通して、先端テクノロジーを学ぶことができる。“丸の内キッズジャンボリー2018” は、東京国際フォーラムにて、8月14日(火)~16日(木)まで開催され、入場料は無料である。

株式会社COMPASSは、人工知能型タブレット教材 “Qubena” 、オンライン家庭教師サービス “Qubena Wiz” や、未来型学習教室“ Qubena Academy” などを運営している企業だ。同社では、あらゆる学習教材に適応が可能な、人工知能型エンジン “COMPASS ENGINE” の提供も行っている。

【企業サイト】株式会社COMPASS
【イベントサイト】丸の内キッズジャンボリー2018

広告 

PAGE TOP