【アメリカ】働きやすい大学としての評価

アメリカのKansas City University of Medicine and Biosciences(KCU)は、同大学が、高等教育機関対象のウェブサイトや新聞を発行するThe Chronicle of Higher Education社が主催するアメリカの2年制、4年制大学の働きやすさ調査 “Great Colleges to Work For” において、2部門で “Great Colleges to Work For(働きやすい大学)” に選出されたことを発表した。

教育総合
GreatCollege

KCUは、“Great Colleges to Work For” の “Compensation & Benefits(福利厚生と給与)” と “Facilities, Workspace & Security(設備、職場、セキュリティ)” の2部門で、評価が高い10大学に位置付けられている。同調査は、対象となる2年生、4年制教育機関253校の53000名の教職員に対するアンケートをもとに決定された。

魅力的な職場環境、給与、福利厚生により、一流の教師陣、職員を揃え、彼らの高い能力が学生の教育に存分に生かされるよう、KCUは環境の整備を進めている。実際、アンケートの回答者からは、教育に対する姿勢が前向きな大学であり、教職員が医学教育に熱心に取り組んでいる、学生主導型の大学であり教職員は学生のサポートに真剣に取り組んでいる、といった声が寄せられた。

KCUは、1916年に設立され、ミズーリ州のカンザスシティーで最も歴史あるメディカルスクールを有し、州内では最大の規模である。また、ミズーリ州、カンザス州において2番目に多い医師の輩出数を誇っている。

【調査サイト】Great Colleges to Work For 2018

広告 

PAGE TOP