【アメリカ】プール、スパのメンテナンスをオンラインコースで

アメリカのプールやスパの業界団体であるAssociation of Pool & Spa Professionals(APSP)は、7月に、経験年数が1~2年のプールやスパの修繕サービス技術者を対象とした、学習者自身のペースで学べる最新のオンラインコース “CST Certified Pool & Spa Service Technician” をリリースした。

eラーニング
APSP

“CST Certified Pool & Spa Service Technician” は、APSPが定めた技術マニュアルを使用し、業界水準に適合したサービスを行うための必要事項を指導する。同コース受講者は、プールやスパの修繕サービスに携わる上で基礎となる知識を習得し、一般的なトラブルに対処する方法を学習していく。CST対応の総合学習コースのほか、安全、水質、構造、仕上げといったテーマごとの受講も可能だ。

コースを修了すれば、サービス技術者としての認定試験を受験できる。また、より専門的なレベルの認定試験である “CSP Certified Pool & Spa Service Professional” の試験に備えた学習も可能だ。現在、様々な分野でオンライン教育が導入され、その教育効果は明らかである。同コースでも、学習者が自身のペースで学習を進めることで、得意な分野を知ることができたり、苦手な分野を克服したりすることが期待される。

APSPでは、スパやプールのメインテナンス技術について、より専門的なコースやオペレーションについてのコースを開設ずみで、さらに2018年8月までにはスパやプールの建造についてのコースも始めたいとしている。

【eラーニングサイト】APSP.LearnUpon.com

広告 

PAGE TOP