【ピックアップ情報コーナー2018.7.27】

【アメリカ】本格的な写真撮影・加工スキルをオンラインで習得(KelbyOne社)、【日本】スマホで長期的な行動変化を促す健康増進システム(沖電気工業株式会社、早稲田大学人間科学学術院)、【日本】様々な魚介類のさばき方を動画で紹介、魚食文化を伝える(株式会社朝日新聞社、株式会社Candee)、【アメリカ】教材シェアが可能な教育関係者向けウェブサイト(Translucent Portals社)、4記事を掲載。

ピックアップ
Kelbyone

【アメリカ】本格的な写真撮影・加工スキルをオンラインで習得

◆アメリカのKelbyOne社は、写真撮影・加工技術に関するオンラインコースを受講できる定額プラン “KelbyOne Plus” を提供開始した。登録ユーザーは24時間好きな時にアクセスし、Adobe Photoshop、Lightroom、写真撮影技術などのオンラインコースを受講する。◆

“KelbyOne Plus” の基本プランでは、月額9.99ドルで300以上のオンラインコースを受講可能である。同プランは、低い価格設定に加え、プランの利用に際し長期契約を結ぶ必要はなく、サービスが不要になった場合にいつでも解約できる点も安心だ。また、ユーザーは必要に応じ、月額19.99ドルでより高度な “Pro Plan” を受講することも可能である。

これまで、無償のチュートリアルやビデオで学習する者も多かったが、例えばプロの写真と自分の写真の微妙な違いにまで踏み込んだ、高度な指導を受けることはむずかしかった。同コースでは、業界で著名なPeter Hurley、Joe McNally、Lindsay Adlerなどのフォトグラファーがインストラクターに加わり、また、風景写真、人物写真、フラッシュ、ドローンの活用、マーケティングなど各分野にコースを細分化することで、きめ細かく技能を指導する。アウトドアや風景、自然などの撮影で世界的に有名なRichard Bernabeも、同コースについて、インターネットで提供されているコースの中では最も広い領域を扱い、最高のサービスだと賞賛している。

同社は、カメラについて、ポートレート、スポーツ、ウェディングなどの写真撮影、ドローンによる撮影、印刷、写真撮影のビジネスやマーケティングなど30近いコースを運営、またメンバー制のオンラインマガジンを提供している。

【企業サイト】KelbyOne

 
 

OKI

【日本】スマホで長期的な行動変化を促す健康増進システム

◆日本の沖電気工業株式会社は、早稲田大学人間科学学術院と共同で、利用者の生活習慣改善を促す “健康増進プロンプトシステム” を開発した。また、本システムを用いた実証実験により、被験者の行動及び意識の変化に対する、有効性が確認できたことを発表した。◆

“健康増進プロンプトシステム” は、利用者の属性やリアルタイムの行動状況をもとに、生活習慣における改善行動のきっかけや合図を、スマートフォン上に提示することで、健康行動の継続を支援するためのものだ。本システムには、行動実践の動機づけを高めて、日常生活の長期的な変化を無理なく促すことができる、“行動変容技術” が採用されている。

また、本システムは、利用者の行動データ取得を、スマートフォンによって行うため、特殊な機器を必要とせずに、負担なく利用できるのも特徴だ。さらに、利用者の行動だけでなく、時間帯や天候といった周辺の環境条件も考慮して、通知タイミング・メッセージ内容を決定するなど、利用者のこころや意識に働きかけることができるシステムとなっている。

本システムは、自治体や企業の健康増進プログラムの他に、ドラッグストアやスポーツジムの会員向けサービスについても、展開を検討しているとのこと。そして今後は、働き方改革における従業員の行動変容など、健康増進以外の領域での適用も、目指していくとしている。

【企業サイト】沖電気工業株式会社

 
 

sabakeru

【日本】魚介類のさばき方を動画で紹介、魚食文化を伝える

日本の株式会社朝日新聞社は、株式会社Candeeと共同で、魚のさばき方などを紹介する動画を集めた “さばけるチャンネル” の配信を、朝日新聞デジタルにてスタートした。本コンテンツは、日本財団の “海と日本プロジェクト” が推進する、“日本さばけるプロジェクト” から動画の提供を受けている。

“さばけるチャンネル” は、鯖や鯵といった家庭でよく目にする魚から、貝類・甲殻類まで、様々な食材のさばき方を、動画で学習することができるコンテンツだ。本コンテンツの目的は、魚をさばくという行為を通じて、日本の奥深い魚食文化を学び、堪能してもらうことである。

本コンテンツを視聴することで、魚のさばき方だけでなく、包丁の種類・研ぎ方、食材の鮮度の見分け方など、料理の基礎についても学ぶことが可能だ。また、本コンテンツに動画を提供している “日本さばけるプロジェクト” では、魚のさばき方について、直接指導を受けられるイベント “海と日本さばける塾” を全国開催するなど、魚食文化を広めるための活動を行っている。

“さばけるチャンネル” では現在、100種類以上の解説動画が公開されている。株式会社朝日新聞社は、本コンテンツの配信について、美味しい魚介類を自ら調理する方法を広めることで、本社近くから移転していく築地市場への、感謝と惜別の意味も込めていると述べた。

【動画サイト】さばけるチャンネル

 
 

Teacher'sPartner

【アメリカ】教材シェアが可能な教育関係者向けウェブサイト

◆アメリカのTranslucent Portals社は、今月、K-12の教育関係者同士で、教材の共有ができるウェブサイト “Teacher’s Partner” を運用開始した。サービスの対象は、現職のK-12教員、退職後の教員、大学などの教育研究者、教職課程の学生に限定して、プロフェッショナルな教育コミュニティとしての質を維持する。◆

同サイトの利用者は、掲載料を支払うことで、自らが作成、調達したコンテンツをウェブにアップロードすることができる。アップロードできるコンテンツは、ビデオ、プレゼン資料、写真などである。そして、コンテンツが他の利用者によりダウンロード、閲覧された場合には、利用料を受け取ることができる。

同サイトでは、教材の共有の場を提供するだけでなく、教育関係者の情報交換の場としてのブログや、ポッドキャストを設ける予定である。また、同社は、サイトの運用に加え、関係者が実際に顔を合わせて情報交換を行うことのできるフォーラムも開催する予定だ。

Translucent Portals社は、メディアコンテンツの作成、配信を行う企業で、教育関係者対象とするサービスや、特定の地域に限定したサービスなど、ニッチな市場に焦点を合わせ活動している。

【企業サイト】Translucent Portals INC.

広告 

PAGE TOP