【日本】最新の医療を楽しく学べる健康イベント

日本の国立大学法人神戸大学は、学校法人兵庫医科大学、阪神電気鉄道株式会社と共同で、最新の医療や健康づくりを楽しく学べる体験型イベント “なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ 2018” を開催することを発表した。例年、来場者1万人を超える本イベントは、今年で3回目の開催となる。

産学連携
Hanshin

“なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ 2018” は、子供からシニアまでの幅広い世代を対象に、最新の治療・医学を体験してもらうためのイベントだ。今回は、“みんなで変わろう!地域で取り組む医と健康” をテーマに、地域の健康促進を目指した内容となっている。

本イベントでは、人型の手術シミュレーターやカテーテルシミュレーターによる、お医者さん体験ができるIVRゾーンや、食べ物やお腹の中をエコーで覗ける超音波ブースなど、普段は体験することができない医療技術に、触れられる展示が多数用意される。他にも、無料体力測定コーナーや自由研究コーナー、認知症サポーター養成講座なども行われるため、身近な健康について理解を深めることも可能だ。

また、本イベントの監修は、先進医療を推進する両大学において、医療現場や基礎研究の場で活躍している教授陣が担当している。開催日は、2018年8月24日(金)から26日(日)までの3日間となっており、いずれも入場料は無料だ。

【イベントサイト】なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ 2018

広告 

PAGE TOP