【ピックアップ情報コーナー2018.6.22】

【アメリカ】高校生と大学とのマッチングプラットフォーム(Hobsons社)、【日本】医療情報サービスで患者の理解促進を支援(株式会社mediba、株式会社横浜医療科学研究所)、【日本】親子で学べる無料の動画学習アプリを提供開始(株式会社教育測定研究所、株式会社旺文社)、【日本】クレジットカードを解説する教育動画が公開(一般社団法人日本クレジット協会、白鴎大学)、4記事を掲載。

ピックアップ
hobsons

【アメリカ】高校生と大学とのマッチングプラットフォーム

◆アメリカのHobsons社は、同社が提供する高校生と大学とのマッチングプラットフォーム “Intersect” がConnecticut State Colleges and Universities(CSCU)により採用されたことを発表した。◆

マッチングプラットフォーム “Intersect” の活用は、大学が、その大学にとって最適な学生を入学させ、定員を満たしていくことに役立つ。同プラットフォームは、すでに多くの生徒が使用する進学や就職準備のプラットフォーム “Naviance” と連携し、志望大学を検討中の高校生とつながることが可能である。高校のスクールカウンセラーと協力して、生徒の将来をより良い方向に導いていく働きかけも行う。

今回、CSCU のコミュニティカレッジ全12校で同プラットフォームの利用が開始される。CSCU の担当者は、onnecticutの高校の85パーセントが ”Naviance” を使用し、“Intersect” の導入で、多くのの高校生のコミュニティに参加することができると話す。

Hobsons社は、教育技術のグローバルリーダーだ。同社は、生徒が自らの強みに気づき、キャリアを開拓し、その後の人生において大学などで最適な教育を受けられるようサポートする製品を展開している。

【企業サイト】Intersect

 
 

OpenDoctors

【日本】医療情報サービスで患者の理解促進を支援

◆日本の株式会社medibaは、医師と患者の間にある、医療情報の差を解消するためのサービス “Open Doctors” の提供を開始した。本サービスは、同社と株式会社横浜医療科学研究所(横浜市立大学発のベンチャー企業)が、共同で開発したものだ。◆

“Open Doctors” は、病気に関する症状や治療例などの、具体的な情報を提供することで、患者と医師とのコミュニケーションを支援するサービスだ。本サービスにより、患者は、医師から提示された治療方針が、自身に合っているかどうかを、自ら考えた上で意思決定を行うことができるようになる。

これまでの治療においては、医師にとって当たり前の情報でも、初めてその病気に出合う患者にとっては理解が難しく、余計にその不安を大きくしてしまうことがあった。そこで、本サービスは、具体的な症例にフォーカスを当てることで、患者が自身の状態と治療目的を理解し、医師と同じ目線で、病気に立ち向かうことを支援している。

また、本サービスでは、症例の他にも、病気に関するコラムや、治療をテーマにしたマンガなどの掲載も行っている。株式会社横浜医療科学研究所は、正しい健康・医療情報を、身近なものとして提供することを目的とした企業だ。

【企業サイト】お医者さんの知恵をみんなの知恵に Open Doctors

 
 

studygear

【日本】親子で学べる無料の動画学習アプリを提供開始

◆日本の株式会社教育測定研究所は5月30日、小中学生を対象に、無料の動画学習アプリ “スタディギア” の提供を開始した。動画制作はワンメディア株式会社、例題の提供は株式会社旺文社が行っている。◆

“スタディギア” は、スマートフォン上で動画を通じて主要5教科の単元毎の学習が可能なアプリケーションだ。学習者は1分半~2分の動画で学習したのち、例題で理解度をチェックする。

同アプリは親子一緒に使うことを想定しており、子どもの学習に応じてNTTドコモのdポイントへの交換が可能な “スタディギアポイント” が貯まる仕組みとなっている。このアプリを使えば、スマートフォンを使い手軽に、子どもが学校で理解できなかったポイントを親子で復習することができる。教育のデジタル化のトレンドの中で、同社は無償の学習アプリによって、あらゆる家庭に、学びの楽しさを提供を考えている。

株式会社教育測定研究所は、教育測定技術の研究や、正しい測定法の普及を目的に設立された企業。同社は英語教育に関して、日本初となるIRT(項目応答理論)による個人適応型CBTテストを提供し、高い評価を受けている。

【アプリダウンロードサイトサイト】スタディギア(App Store)
                 スタディギア(Google Play)
 
 

j-credit

【日本】クレジットカードを解説する教育動画が公開

◆日本の一般社団法人日本クレジット協会は、高校生向けのクレジット教育用動画 “風の惑星~GALE~” を、協会ホームページ及びYoutubeにて公表した。本動画は、白鴎大学経営学部メディアコースと同協会との産学連携によるもので、企画・脚本・製作も同大の学生が担当している。◆

“風の惑星~GALE~” は、強風の吹き荒れるゲール星からやってきた主人公が、地球で利用されているクレジットについて、使い方や利用上の留意点などを学ぶストーリーとなっている。本動画を視聴することで、クレジットカードの主な特徴や、契約者責任、カードの管理などについて、理解することができる。

また、本動画には、本編が33分ともにケーススタディが13分あり、カードの暗証番号の決め方や、紛失時の対応、利用明細の金額が異なっていた場合の対処など、クレジットカードを利用する上で知っておくべき情報を、具体的に学ぶことが可能だ。

一般社団法人日本クレジット協会は、クレジット産業の健全な発展を目的に、様々な事業に取り組んでいる協会だ。同協会は、全国の高等学校等に向けて、本動画のDVDを他の教材と共に無料で案内し、希望校には無償で提供を行う予定であるとしている。

【教材サイト】一般社団法人日本クレジット協会 資料教材

広告 

PAGE TOP