【ピックアップ情報コーナー2018.6.15】

【日本】超スマート社会の実現に向けた事例と現状を解説する連続セミナー(般社団法人情報処理学会)、【アメリカ】ビデオ自動文字起こし新機能で研究者をサポート(Vosaic社)、【日本】動画で学ぶ初心者向けディープラーニング講座をオンラインで(株式会社アイデミー)、【日本】英語初中級者向けのスピーキング能力測定サービス(株式会社教育測定研究所、株式会社イーオン)、4記事を掲載。

ピックアップ
ipsj

【日本】超スマート社会の実現に向けた事例と現状を解説する連続セミナー

◆日本の一般社団法人情報処理学会は、超スマート社会に向けた事例と、要素技術の進化について紹介する、“連続セミナー2018「超スマート社会を切り拓く技術トレンドを探る」” の開催を発表した。本セミナーは、化学会館(東京)で開催されるほか、遠隔会場として、大阪大学中之島センターと、東北大学電気通信研究所でも参加が可能だ。◆

“連続セミナー2018「超スマート社会を切り拓く技術トレンドを探る」” の第1回となる、“フィールドロボットの知能化技術開発と実用化の動向” では、陸海空で開発が進められているフィールドロボットについて、災害対応やインフラ管理をはじめとする、利活用の動向や展望などについて解説する。

第2回 “『EV化+完全自動運転+モビリティサービス』の必然性、開発状況、今後の方向性を全解説” では、完全自動運転の必要性について、最新の開発動向や課題、予想される社会変化について、紹介を行う。他にも、本セミナーでは、サイバー犯罪対策を学べる “セキュリティ~サイバーインシデントに備える~” や、5G通信活用について解説する、“エッジコンピューティングの課題と未来” の開催も実施される。

また、これらのタイトルに、人工知能をテーマとした、“人工知能時代のコンピューティング基盤” と、“人工知能時代のソフトウェアエンジニアリング” をあわせて、全6回シリーズでの開催となる。本セミナーの開催は、2018年6月から12月にかけて行われる予定だ。

【企業サイト】連続セミナー2018

 
 

vosaic

【アメリカ】ビデオ自動文字起こし新機能で研究者をサポート

◆アメリカのVosaic社は、ビデオの文字起こしによりデータ収集を行う研究者を対象に、同社のブラウザ経由でビデオ録画、コード化、共有サービスである “Vosaic Connect” の拡張機能として、自動の文字起こしサービスを提供開始した。◆

“Vosaic Connect” の新機能 “automated transcriptions”(文字起こし自動化)は、ビデオをアップロードして “Request Video Transcript” というオプションを選択、自動的にビデオの文字起こしが始まり、結果をテキストファイルで出力できる。

人間が文字起こしをする場合、1時間の会話を処理するのに3~10時間かかると言われている。研究の現場では、研究者がデータ収集のための文字起こし作業に時間をとられているが、同サービスを利用することで、時間の効率的な活用が可能となる。

Vosaic社は、今回のビデオ文字起こしの自動化を第一歩として、新たなツールの開発に取り組んでおり、今後も機能を拡大していくという。同社は、ビデオ録画と関連ツールを提供する企業で、教師、学習者、実務家、研究者の業務を改善するツール開発に取り組んでいる。

【企業サイト】Vosaic Connect

 
 

Aidemy

【日本】動画で学ぶ初心者向けディープラーニング講座をオンラインで

◆日本の株式会社アイデミーは、ディープラーニングを効率的に学べる、“【初心者向け】「ねこ画像判別Webアプリ:にゃんちぇっく」をつくってディープラーニングの基礎を学ぼう!” の配信を開始した。この動画教材は、オンライン学習プラットフォーム “Udemy” にて受講できる。カリキュラムは、Pythonライブラリ基礎、ディープラーニング実践、データ収集とクラウド上へのデプロイなど。◆

“【初心者向け】「ねこ画像判別Webアプリ:にゃんちぇっく」をつくってディープラーニングの基礎を学ぼう!” は、ディープラーニングを使用したWEBアプリを制作し、クラウド上に公開するまでの工程を、5.5時間の動画で学べる教材だ。本教材は、同社が提供するオンライン学習サービス “Aidemy” と併用できるため、動画で学んだ内容を、“Aidemy” ですぐに実践し、スキルを定着させることも可能だ。

他にも、“Aidemy” では、自然言語処理などの最先端技術を、実際にプログラミングしながら習得することができる。さらに、一部の講座は完全無料で受講可能で、環境構築も不要なため、インターネットブラウザさえあれば、すぐにでも始められるのが特徴だ。

本教材の価格は2万4000円で、期間限定のクーポンコードを入力すれば、特別価格1200円で購入が可能となっている。株式会社アイデミーでは今後も、バーチャルYouTuberによる動画制作など、教材のさらなる充実を目指していくとのこと。

【講座サイト】【初心者向け】「ねこ画像判別Webアプリ:にゃんちぇっく」をつくってディープラーニングの基礎を学ぼう!:アイデミー

 
 

JIEM

【日本】英語初中級者向けのスピーキング能力測定サービス

◆日本の株式会社教育測定研究所は5月に、株式会社イーオンの開発協力により、英語初中級者を対象とした、録音によるスピーキング能力測定サービス “CASEC SPEAKING” をイーオンの英会話教室やスクールに提供開始した。◆

“CASEC SPEAKING” は、いつでもどこでも受験することができる、英語スピーキング能力測定サービスである。録音した音声をもとにネイティブスピーカーによる採点が行われ、結果がスコアレポートとして発行される。スコアレポートでは、スピーキング能力を発音、流暢さ、語彙力、文法力などに分けてスコア化し、コメントを付けて受験者へ返却される。

2020年の東京五輪や大学入試改革、2019年の都立高校でのスピーキング試験の導入を前に、英語力、特に英語で情報や気持ちを正確に伝えることのできる能力への注目が高まっている。同テストはこうした時代のニーズを受け、初級者から気軽に受験できる試みとして、まずはイーオンの教室に先行して導入されることとなった。

株式会社教育測定研究所は、教育の次世代ソリューションを開発する株式会社EduLabのグループ企業で、教育測定技術の研究と、効果的なテスト法の普及に取り組んでいる。株式会社イーオンは、全国に250の英語教室を持ち、幼児から大人まで、学びやすい環境を作る取り組みを行っている。

【企業サイト】株式会社教育測定研究所

広告 

PAGE TOP